teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


次期塾長に長谷山彰常任理事が選任される

 投稿者:神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2017年 4月21日(金)13時05分53秒
返信・引用
  神奈川通信三田会の皆様

神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子
次期塾長に、長谷山彰常任理事が選任されました(2017/4/20)
現塾長の任期満了(5月27日)に伴い、4月20日に開催された慶應義塾評議員会において、長谷山彰常任理事・文学部教授が次期塾長に選任されました。
次期塾長の任期は、2017年5月28日から2021年5月27日までの4年間となります。

【次期塾長の略歴】
長谷山 彰(はせやま あきら)
1952年生まれ。64歳。法学博士。
1975年慶應義塾大学法学部卒業。1979年同文学部卒業。1984年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。駿河台大学法学部教授を経て、1997年慶應義塾大学文学部教授。2001年学生総合センター長兼学生部長、2007年文学部長、大学附属研究所斯道文庫長、2009年から現在まで慶應義塾常任理事。
法制史学会理事、日本古文書学会評議員なども務める。
専門は日本法制史。
 出所:慶應義塾メールマガジン(2017.4.20 no.176)
 
 

2,016年度通信教育課程卒業生数

 投稿者:神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2017年 4月11日(火)20時07分59秒
返信・引用
                            2017年4月11日

                          神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子


 『ニューズレター慶應通信 2017/4』で、2016年度通信教育課程卒業生数が発表されました。それによる

と、2016年度通信教育課程卒業生は237名でした。昨年度の卒業生は、260名でしたから、23名減少しまし

た。また、昨年3月時点の通信教育課程の全卒業生数は、15063名でしたから、これで15300名になったこと

になります。


◎2016年度通信教育課程卒業生数                  (単位:名)

--------------------------------------------------------------------------------
学部       2016年9月卒業生   2017年3月卒業生     小計
--------------------------------------------------------------------------------
         男  女  計    男  女  計   男  女  計
--------------------------------------------------------------------------------
文学部 第1類      7    14   21         15   25     40      22   39     61
      --------------------------------------------------------------------------
    第2類      5     4    9          8    8     16      13   12     25
      --------------------------------------------------------------------------
    第3類      2    12   14          8   25     33      10   37     47
--------------------------------------------------------------------------------
    小計      14    30   44         31   58     89      45   88    133
--------------------------------------------------------------------------------
経済学部       13     6   19         20    8     28      33   14     47
--------------------------------------------------------------------------------
法学部 甲 類     9     3   12         15   12     27      24   15     39
      --------------------------------------------------------------------------
    乙 類     4     4    8          9    1     10      13    5     18
      ---------------------------------------------------------------------------
    小計      13     7   20         24   13     37      37   20     57
---------------------------------------------------------------------------------
  合計          40    43   83         75   79    154     115  122     237
---------------------------------------------------------------------------------
出所:『ニューズレター慶應通信2017/4』   文責:全国通信三田会渉外部


◎慶應義塾大学通信課程卒業生累計                 (単位:名)
---------------------------------------------------------------------------------
      2013/9  2014/3  2014/9  2015/3  2015/9  2016/3  2016/9  2017/3
---------------------------------------------------------------------------------
男性    7549    7643    7686    7764    7804    7876    7916    7991
---------------------------------------------------------------------------------
女性    6808    6912    6960    7039    7097    7187    7230    7309
---------------------------------------------------------------------------------
合計   14357   14555   14646   14803   14901   15063   15146   15300
---------------------------------------------------------------------------------
注:上記数値は、全国通信三田会にて累計したもの。大学側は未公開


文責:神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子
                                       以上

 

慶早レガッタ応援と交流会

 投稿者:柴田 章弘  投稿日:2017年 3月18日(土)08時51分54秒
返信・引用
   本年も、早慶レガッタ応援に先立ち 浅草ゆかりの「神谷バー」2階に
集い、下記により、神奈川通信三田会と早稲田通信(e-スクール)
稲門会との交流懇親会を行うこととなりました。

 全国各地域の三田会の皆さまにも、ご都合のつく方はぜひご参加
下さいますよう、ご案内・お待ちいたしております。
            ー記ー
日 時:2017年04月16日(日)11:30集合
会 費:@3000円前後(当日精算します)
場 所:浅草「神谷バー」2階(電話03-3841-5400
     住所は台東区浅草1丁目1番1号。 地下鉄銀座線・都営浅草線の
    徒歩1分です。詳しくは 下記HPにアクセスください・・。
      http://www.kamiya-bar.com/

    (予約者名 「早慶交流会・柴田章弘」)

参 加:会員・塾員+ご家族・塾生のご参加も歓迎いたします)

4月16日(日)の主なスケジュール:
  11:30~14:00頃   慶早交流懇親会(神谷バー2階)
  14:30~15:45頃   慶早レガッタ応援(隅田川)
  15:45~17:00頃   浅草界隈を散策兼反省会を予定

参加の申し込み
  ご参加ご希望の方は、4月8日(土)をまでに、
「お名前」と「卒年・学科」を記入して、下記メルアドへ、早めにご連絡くださいますようお願いいたします。

(連絡窓口)

  神奈川通信三田会 早慶交流担当部長 柴田 章弘 宛て
        メール ktm@freeml.com

 

福澤先生誕生記念会、新年名刺交換会のお知らせ

 投稿者:神奈川通信三田会副会長 宮坂きよ子  投稿日:2016年12月22日(木)03時52分39秒
返信・引用
  神奈川通信三田会の皆さま

 「第82回福澤先生誕生記念会並びに新年名刺交換会」
            (お知らせ)
                2016年12月21日
                 会 長  吉浜 健二
                 副会長  宮坂きよ子

  清家篤塾長名で、「澤先生誕生記念会並びに新年名刺交換会」
について、下記のお知らせのハガキが、事務局あてに届きました。
 ご都合のつく方は、ぜひご出席ご参加くださいますよう、お知らせ
いたします。

<清家篤塾長からのご案内状>

謹啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて 恒例の福澤先生誕生記念会並びに新年名刺交換会を
下記により行いますのでなにとぞご来臨下さいますようご案内
申しあげます。 謹白
             記
第82回福澤先生誕生記念会
平成29年1月10日(火)午前10時30分・三田西校舎ホール
〇年頭挨拶 塾長
〇記念講演 福澤先生とスポーツー体育会125年に際してー
       慶應義塾大学看護医療学部教授 山内慶太
〇福澤家代表挨拶 福澤武
〇小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト表彰状授与

新年名刺交換会 記念会に引き続き 12時ころ~13時過ぎまで、
        西校舎生協食堂ホールで行います

平成28年12月
              慶應義塾長 清家 篤

以上
  (文責 副会長・塾員部長  宮坂 きよ子)
 

神奈川のIT会社勤務です。

 投稿者:匿名希望です  投稿日:2016年11月29日(火)21時59分56秒
返信・引用
  近々イベントがあると聞きまして、まだ三田会所属していませんが、ぜひとも参加したくご連絡します。
連絡先アドレスをご教示ください。

99 経済卒業
 

平成28年度総会・記念講演会が盛会裡に実施された

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2016年11月22日(火)12時32分22秒
返信・引用
    神奈川通信三田会の平成28年度総会・記念講演会が、11月12日(土)13時
から日吉第6校舎1階J611教室において開催された。

 当日は、10時頃より本年度始めて同好会の活動内容の写真、書、絵手紙、手芸の
成果を展示し好評を得ました。11時半頃からは看板掲示・受付準備等が始まり、総
会・記念講演会ならびに懇親会などがすべて円滑に実施された。

  総会には、54名が出席。提案された案件はすべて承認され14時半に閉会。10月初
旬の予備役員会から総会までの準備作業・会報の発行・発送作業など、会員の皆さまに
はそれぞれお忙しい事情の中で、総会成功に向けてご尽力をいただきありがとうござい
ました!

 総会に引き続き、14時45分過ぎからご来賓と総会参加者全員で、記念写真の撮影
を実施。15時からは通信教育部長池田幸弘先生により、「小泉信三 没後50年をむ
かえて」の演題で、ご講演をいただいた。

 池田先生は、小泉の業績を経済学者、慶應義塾長、保守派の論客という三つの視点よ
り話ではないかとされた。質疑応答では、小泉の東宮御教育常時参時における皇太子
(現天皇)への教育や通信教育部の現状を話された。

 記念講演会に引き続き、16時20分から、慶應義塾体育会主事の大下享治様(神奈
川通信三田会名誉会員)より体育会各部の活動に関して詳しいご説明があった。体育会
は、柔道部など発足から、来年は125周年となるため、「学生スポーツの未来を担う」
のスローガンで多くのイベントが企画されていることを話された。

 17時15分からは、日吉学生食堂2F「グリーンズマルシェ」において35名が出席。
懇親会を実施。記念講演をしていただいた池田先生、体育会主事の大下様が引き続きご
臨席。来賓として、中里義博稲門会会長、堀田健全国通信三田会計監査、高木 昂茨城
通信三田会顧問、大川成一埼玉通信三田会会長がご出席された。

 山川経理部副部長の司会で開会。吉浜会長のお礼の挨拶、ご来賓の方々のご挨拶のあ
と、堀田健様が乾杯のご発声。その後、懇親会参加者一同の自己紹介はじめ、終始なご
やかに歓談のひと時を過ごすことができた。

総会・記念講演会・懇親会には多くの塾員の方々にご参加いただいた。皆さま方のご
協力に対し、改めて厚くお礼申しあげます。
                                                                     以上
                                                 (文責 総務部長 辻 昭彦)

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

平成28年「話題提供」実施報告

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2016年10月11日(火)17時48分55秒
返信・引用
   河野紘一顧問は、平成21年の第31回全国公募千字文大会展において、文部科学
  大臣賞を受賞されました。本年からは、当会の「書道同好会」の講師をされています。

1.日  時:平成28年09月9日(水)18:30~20:00

2.場  所:かながわ県民センター 302会議室

3.参加者氏名:14名

4.話題提供者・演題
    ・講演者:河野紘一顧問(53文)
  ・演 題:「書の周辺あれこれ」

5.講演の概要
    河野顧問は書に関する分厚い資料を配布され、書の歴史、万葉仮名、変体仮名、篆刻
 (てんこく)、漢字や平仮名、カタカナの特徴等に関して詳しく解説された。
  書とは何か?「お手本を学ぶのが『習字』、文字に自分の表現をするのが『書(道)』」
  とされる。他人のモノマネではなく、個性や独自性が要求されているとも言えよう。
 漢字は中国で紀元前13世紀ころに生まれ、「草書」、「行書」、「楷書」の順で誕生し、
  3世紀頃にはこれらの3書体がそろった。日本への伝来は、弥生時代終わりの2世紀頃。
  日本最古の歌集である万葉集には4500首におよぶ歌が収められているが、歌はすべ
  て「万葉仮名」で書かれている。万葉仮名は全体で約2000字におよぶが、平安時代
  には約200字となった。
  「変体がな」とは現在普通に使用されている平仮名と違う字源またはくずし方の仮名 の
  ことである。ひら仮名の「い」は変態がなの「以」から、「ろ」は漢字 「呂」を草書体
  にした字からできたものである。「い」を表す変態がなには「以」の他に、「伊」「移」
「意」がある。
   篆刻(てんこく)とは、石や木、金属に文字の印章を彫り込む書道の一分野である。
  私たちが使用する印鑑にも篆刻が使われている。
   参加者一同は、河野顧問の書にたいする深い造詣と書の奥深さに多いに関心を持ちなが
  ら拝聴した90分であった。
  その後、引き続き「津多屋」で行われた懇親会には11名が参加。書に関する話題等で
  歓談を行った。

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

通教卒業生15000人達成記念祝賀会のご案内

 投稿者:神奈川通信三田会会長 吉浜 健二  投稿日:2016年 9月 1日(木)06時22分24秒
返信・引用
  神奈川通信三田会

正会員ならびに一般会員 の皆さん


     通教卒業生15000人達成記念祝賀会のご案内


                        平成28年09月01日

                         会長 吉浜 健二


前略 通教課程卒業生1万5千人達成「記念講演会」「記念式典」ならびに

「記念祝賀会」が、別掲<ご参考>のとおり、来る10月15日(土)15時から、

三田キャンパスにおいて、開催されます。


  皆さんには、お忙しい毎日のこととお察しいたしますが、今年は、通教

課程の卒業生が15000人達成ということになりました。そしてさらに通教

課程が開設70周年という節目の年ともなりました。


 そこで、

かって学んだ三田キャンパスを久しぶりに尋ね、一人でも多くの皆さんが

記念のイベントにご参加くださいますよう、ご来場をお待ちしています。


 つきましては、

別掲の全国通信三田会からのご案内の内容をご確認のうえ、ご参加希望

の方は、下記までメールにて、ご連絡くださいませんか?

 なお、全国会員などすでに参加申し込み済みの方は、ご放念ください。


(連絡窓口)

  神奈川通信三田会 副会長・塾員部長  宮坂 きよ子さん宛に

   氏名、卒業年月、学科名を記入のうえ、

       ktm@freeml.com に お寄せください。

      (塾生の場合は、学科、所属慶友会名をご記載ください。)


<ご参考>
     -少々長文ですが、最後までお読みいただければ幸甚です!


慶應義塾大学通信教育課程卒業生1万5千人達成

「記念講演会」「記念式典」ならびに「記念祝賀会」のご案内です!


                             平成28年8月吉日

                       慶應義塾全国通信三田会

                        会 長  山岡 恒夫

前略 通信教育課程卒業生が、本年3月末で累計1万5千人になりました。

全国通信三田会ではこれを記念し、全国各地域通信三田会と共催して、

通信教育課程卒業生1万5千人達成 第1部:記念講演会、第2部:記念式典

ならびに第3部:記念祝賀会を企画いたしました。

 さらにこの祝賀会を「通信教育発足70周年」を祝う通信教育活動の新たな

出発点と位置付け、着実な実施を計画しております。


 つきましては、

下記の通り「記念講演会」「記念式典」ならびに「記念祝賀会」開催にあたり、

全国ならびに各地域通信三田会のいわゆる正会員ばかりでなく、三田会には

未加入の普通・一般会員・塾員・塾生の皆さまにも いずれの時間帯から

でもご参加いただけますよう企画いたしております。


 同じ時期に三田で、日吉で、慶友会で学んだ仲間たちをお互いに誘い合い、

ご参加くださいますよう、謹んでご案内いたします。 敬具


           ー記ー

第1部 通信教育課程卒業生1万5千人達成「記念講演会」の部

 日 時 平成28年10月15日(土)15時~16時15分ころ

 場 所 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館1階ホール

 講 師 「坂上 弘」君(慶應義塾大学出版会会長)

 演 題 「慶應通信70年の歩みー向学の夏―」(仮題)

 参 加 全国各地域から卒業生約150名(予定)


第2部 通信教育課程卒業生1万5千人達成「記念式典」の部

 日 時  平成28年10月15日(土)16時30分~17時

 場 所  慶應義塾大学 三田キャンパス 北館1階ホール

 主な内容 来賓祝辞(慶應義塾塾長、連合三田会会長ほか)、

      主催者挨拶(山岡会長)、記念写真撮影

 参 加  塾関係者、卒業生約150名(予定)


第3部 通信教育課程卒業生1万5千人達成「記念祝賀会」の部

 日 時  平成28年10月15日(土)17時30分~19時30分

 場 所  慶應義塾大学 三田キャンパス南校舎4階 ザ・カフェテリア

 主な内容 来賓祝辞、関係者への感謝状贈呈、参加者全員へ記念品

       贈呈などに加え、応援指導部の協賛参加など盛り沢山の

       イベントが準備されています。

       参 加  塾関係者、卒業生約150名(予定)


<会費の事前振り込み等について>

1.  誠にお手数ではございますが、当日の運営を円滑に行うため、極力事前に

  「記念祝賀会参加費用 8000円(ご家族6000円、小学生以下のお子様無料)」

  ならびに通信教育部へのご寄付(一口1000円以上:自由意志)の 合計金額を、

  9月26日までに、下記の郵貯口座にお振込みいただければ幸甚です。

    会費を上回る金額は、通信教育部への寄付金(税制優遇措置があります)

  としてお取り扱いさせていただきます。


    通教部への寄付金のみ(一口1000円以上:自由意志)の方も、その旨ご記載

  頂ければお振込みを承ります。


2.会費・寄付金等は、下記口座へお振込みを下さいますようよろしくお願いいたします。

    「氏名」「住所〒」「電話」「メールアドレス」、

    「卒業年月」「学科名」(ならびに「所属通信三田会名」

     (塾生の場合は 「学科名、所属慶友会名」) などを ご記入ください。

   振込先銀行名       ゆうちょ銀行

   受取先口座番号   00170-8-634811

   受取先名義     1万5千人達成記念祝賀会

   振込期限      平成28年9月26日(月)


  <振込みに関するお問い合わせ先>

   全国通信三田会 会計 大川成一さん宛に

    携帯電話:090-3694-8044

    E-mail:seiichi-ohkawa@bea.hi-ho.ne.jp


2. <当日に お支払い参加ご希望の方>

    祝賀会参加費用9000円(ご家族6000円、(小学生以下のお子様無料)、

   ご寄付一口1000円(自由意志)を、当日各開催個所の受付けにてお受けいたします。


3.<当日、記念講演会のみ参加ご希望の場合>

    資料代として、2000円を当日受付けにて頂戴いたします。

以上


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

話題提供のお知らせ

 投稿者:神奈川通信三田会副会長・総務部長 辻 昭彦  投稿日:2016年 8月29日(月)21時32分16秒
返信・引用
  「話題提供」のお知らせ

                                   平成28年8月29日
                              神奈川通信三田会
                              副会長・総務部長 辻 昭彦

平成28年活動計画の9月9日(金)の「話題提供」が近づいて参りました。
お知らせが遅くなりましたが、一人でも多くの皆さんのご参加をお待ちいたします。

 講師の「河野紘一」顧問は、平成21年の第31回全国公募千字文大会展に
おいて、文部科学大臣賞を受賞されました。
 当会においては、長期間にわたり総会・特別講演会等で教室に掲示・看板を
独特の「書」で書いて頂いています。
 また本年からは、「書道同好会」の講師をされていただいております。

        ー記ー

 9月9日(金)の話題提供のご案内

・日時:9月9日(金)18:30~20:00(予定)
・場所:かながわ県民センター 3F「302会議室」

・話題提供
  ・講師:河野紘一顧問
  ・演題:「書の周辺あれこれ」

なお講演のあと、県民センターの近くで 懇親会(会費は3千円ていど)を
予定していますので、ぜひご参加ください。

  以上
       (文責:副会長・総務部長 辻 昭彦)
 

夏の慶早交流会

 投稿者:柴田 章弘  投稿日:2016年 8月 6日(土)22時40分16秒
返信・引用
    横浜港一周クルージング慶早交流会のお知らせ
      ~専用クルーズで横浜港を巡りませんか?~
                                  平成28年8月5日
                                  神奈川通信三田会
                                 会 長  吉浜 健二
                           慶早交流会担当部長  柴田 章弘

 梅雨明け後も不安定な天気がつづいていますが、皆さんお元気でお過ごし
のことと思います。

 さて、今年も夏の早慶(慶早)交流会行事を、下記のとおり企画しております
ので、お忙しい8月末のひと時を暑気払いを兼ねて、ひとりでも多くの皆さん
のご参加をお待ちいたしております。
                  - 記 -
日 時: 2016年08月27日(土)16:30、
場 所: JR鶴見線「浅野駅」改札口前に集合してください。
     (JR京浜東北線鶴見駅に16時ころ来て、JR鶴見線にお乗り換えください。
      5つ目の駅が浅野駅です。 約7分で着きます。)
参 加: 会員・塾員・家族/稲門会会員

クルージングコース:
     鶴見~横浜港一周~鶴見戻り(約2時間)
      専用の船内にて、交流懇親会を開きます。トイレもあります。
ガイド役幹事 前会長の「伊藤 栄治」君が全コースを愉しくガイド役を務めます!

会 費  6000円(飲食込み)

ご返事 参加ご希望の方は、下記にご連絡ください。

      氏名・卒業年・学科、家族の場合は氏名を書いて、メールにて、
        ktm@freeml.com   慶早交流会担当部長  柴田 章弘 宛て

   (注) ご参加の氏名は、そのまま乗船者名簿になります。
                                       以上
       (文責 慶早交流会担当部長  柴田 章弘)

http://www.facebook.com/wkregatta

 

真鶴半島散策

 投稿者:東海林修  投稿日:2016年 7月 6日(水)07時45分16秒
返信・引用
  7月1日(金)、心配された梅雨明けの天候も好天に恵まれ楽しい真鶴半島散策に行ってきました。
初めて参加された皆様初め13名のご参加をいただきご協力に心からお礼申し上げます。
私の万歩計によれば14471歩歩いたことになり、距離にすると10kmを若干オーバーしたことになります。貴船神社の108段の階段に挑戦された5名の若さにはビックリポンでしたし、三ツ石海岸への階段に挑戦された元気さも素晴らしかったです。青空の下でのお弁当も思い出かと思います。
中川一政美術館もよかったですね。樹齢300年を超す美術館前の楠の木も寿命になり倒木の恐れもあるので年内に伐採されるとのこと写真に残しました。300年前といえば元禄時代で徳川綱吉の頃から真鶴半島の移り変わりを見守ってきた時代の証言者ともいえる銘木ですね。

ありがとうございました。

次回は10月24日(月)に横浜散策を予定しています。詳細が決まりましたら
ご案内いたします。
 

2016年4月通信教育課程の新規入学者数

 投稿者:神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2016年 6月 3日(金)06時45分27秒
返信・引用
  皆 様                          2016年06月02日

                                            神奈川通信三田会

                                         副会長・塾員部長 宮坂きよ子



 2016年4月通信教育課程の新規入学者数が慶應義塾大学通信教育部より発表になりましたのでお知らせします。

 4月入学者数は、昨年888名でしたが、今年は831名と減少しました。が、この800人台の入学者数は、ここ5年間の傾向の中にあります。



     2016年4月通信教育課程の新規入学者数

          男        女       合計

文学部第1類   78名     115名     193名

   第2類   28名      27名      55名

   第3類   38名      69名     107名

経済学部    210名     117名     327名

法学部 甲類   43名      49名      92名

    乙類   36名      21名      57名

   合計   433名     398名     831名


<参考>
2015年同時期 888名
2014年同時期  698
2013年同時期  827
2012年同時期  821
2011年同時期  978
2010年同時期 1035
2009年    1241
2008年    1202
2007年    1101

     出所;慶應義塾大学通信教育部
    『ニューズレター慶應通信2016年6月』 を一部加工

       以上 (文責 副会長・塾員部長 宮坂 きよ子)



 

2016年度新塾員卒業論文発表会・懇親会の開催お知らせ

 投稿者:神奈川通信三田会 渉外部長 塚田 光博  投稿日:2016年 5月21日(土)11時15分50秒
返信・引用
  2016年度新塾員卒業論文発表会・懇親会の開催お知らせ
~6月4日(土)の午後を、日吉で一緒にたのしみませんか?

 恒例の神奈川通信三田会主催の新塾員卒論発表会・懇親会が下記の通り開催されます。慶應義塾大学の通信教育課程は 1947年に全国初の通信教育として発足し、今年で 70 年目、累計卒業生は卒業生 15000 名を超えた記念すべき年です。 会員の皆さんはもとより一緒に学んだ仲間の皆さんもぜひ、後輩たちの勉学の成果を聴き、歓迎懇親会などであの卒業当時の思い出を共有いたしませんか? 一人でも多くの卒業生ならびに慶友会で今ともに学んでいる塾生の皆さんのご参加も大歓迎し、お待ちしています。
― 記 -
2016年度新塾員卒業論文発表会・懇親会の概要
1. 日時:2016年06月04日(土)13:00~17:00
2. 場 所:慶應義塾大学日吉キャンパス第6校舎 J612教室
3. 発表者:4名を予定しています。

4.新塾員歓迎懇親会17:30~19:30(予定)
   場所:日吉学生大食堂グリーンズマルシェ

5.参加費:卒論発表会のみの参加 100円(資料代)
       卒論発表会と新塾員歓迎懇親会参加
塾員:4500円、新塾員:3000円、塾 生:3000円

6.参加のご返事:5月25日(水)までに下記メールアドレスへお願いします。
渉外部長:塚田光博 tokyoart2002@yahoo.co.jp


(文責:神奈川通信三田会 渉外部長 塚田 光博 記)
 

(無題)

 投稿者:神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2016年 4月21日(木)19時25分43秒
返信・引用
  皆 様

 九州熊本・大分県を中心に、地震が相次ぎ大きな被害がでております。

慶應義塾ならびに慶應連合三田会連盟にて、4月19日から、「熊本地震義援金」募集の開始、ならびに協力

について、呼びかけを以下のホームページで行っております。

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%B7%C4%D8%E6%B5%C1%BD%CE%C2%E7%B3%D8&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

 皆様、ご協力をお願い致します!

 特に、通信三田会各地域会長、地域連絡担当役員におかれましては、各地域の会員・塾員の皆さまに、趣旨

の周知を図っていただきますよう、よろしくお願いいたします!

  なお、各地域 または各自の義援金応募につきましては、各地域各個人のご判断にお任せいたしたいと思

います。

 以上

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<参考:慶應義塾HPから>

「熊本地震義援金」募集の開始について

                                                        2016/04/19  慶應義塾

慶應義塾社中の皆様
                                                 慶應義塾長          清家  篤
                                                 慶應連合三田会 会長 比企 能樹

                  「熊本地震義援金」へのご協力のお願い

熊本県を中心に相次いでいる地震により、大きな被害がでております。すべての被災者の方々に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、物心両面において困難な状況にある被災者の皆様の安全と、被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

かつて福澤諭吉は、数度の大災害に際し義援金を募るなど、被災地の支援に尽力しました。今回の震災にあたり、慶應義塾、慶應連合三田会は、義塾社中としてお志のある皆様と広く一致協力し、被災者の方々への最大限の支援を行うため、「熊本地震義援金」を募ることといたしました。

寄せられました皆様のご厚志は、日本赤十字社に「熊本地震義援金」として寄付することといたします。
皆様におかれましては、趣旨にご賛同いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

義援金受入口座
銀行名:三井住友銀行  支店名 :三田通支店
種 類:普通預金    口座番号:8435758
口座名義:『慶應義塾熊本地震義援金』
      (ケイオウギジュククマモトジシンギエンキン)
三井住友銀行からお振込の際には、振込手数料がかかりませんので銀行窓口でご確認下さい。

*募集期間は、4月19日から5月31日までとさせていただきます。
*結果につきましては「三田評論」等に公表いたします。
*本義援金は寄付金控除(所得税・住民税)の対象となります。上記の「慶應義塾熊本地震義援金」口座への振込票の控え、および本趣意書の写しを添付のうえ確定申告を行って下さい。

お問い合わせ先:慶應義塾基金室
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
電話 03-5427-1542 FAX 03-5427-1546
kikin-box@adst.keio.ac.jp

 

2015年度通信教育課程卒業生

 投稿者:神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2016年 4月 8日(金)18時04分34秒
返信・引用
   去る3月23日(水)に慶應義塾2015年度の卒業式が行われ、通信教育課程からは新たに260名が巣立ちました。
 1948年大学通信講座が開講されてから今年で68年になりますが、ついに卒業生数は15,000人を突破し、15,063人となりました。ちなみに初の通信教育課程からの卒業生は1952年であり、34名でした。これは我が国初の大学通信教育による卒業生でもありました。(「通信教育部の沿革」http://www.tsushin.keio.ac.jp/about/history.html (2016.4.7)参考)
 通信教育による卒業生の男女比ですが、下の表「卒業生累計」をご覧いただきたいのですが、徐々に女性の数が増え、その差は縮まってきております。

2015年度通信教育課程卒業生
                                   (単位 名)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
              2015年9月卒業生      2016年3月卒業生    2015年度卒業生
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
学部   類    男   女  合計   男    女  合計    男   女  合計
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
文学部 第1類     5    15    20      7     26    33      12    41    53          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    第2類     2     5     7     10     10    20      12    15    27
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    第3類     4    18    22      7     26    33      11    44    55
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  小計      11    38    49     24     62    86      35    100   135
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経済学部         11    14    25     22     13    35      33     27    60
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
法学部 甲 類    14     5    19     18     10    28      32     15    47
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    乙 類     4     1     5      8      5    13      12      6    18
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  小計          18     6    24     26     15    41      44     21    65
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  合計          40    58    98     72     90    162    112    148   260
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出所:『ニューズレター慶應通信2016/4』   文責 全国通信三田会渉外部


卒業生累計                        (単位 名)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   2013年9月 2014年3月 2014年9月 2015年3月 2015年9月 2016年3月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
男性    7549        7643       7686      7764        7804      7876
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女性    6808        6912       6960      7039        7097      7187
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計   14357       14555      14646     14803       14901      15063
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注:上記数値は、全国通信三田会にて累計したもの。大学側は未公開

   文責:神奈川通信三田会副会長・塾員部長 宮坂きよ子
                                    以上

 

慶早レガッタ応援と交流会

 投稿者:柴田 章弘  投稿日:2016年 3月19日(土)22時21分35秒
返信・引用
  全国各地域の三田会の皆さまにも、ご都合のつく方はぜひご参加
下さいますよう、ご案内・お待ちいたしております。
            ー記ー
日 時:2016年04月17日(日)11:30集合
会 費:@3000円前後(当日精算します)
場 所:浅草「神谷バー」2階(電話03-3841-5400
     住所は台東区浅草1丁目1番1号。 地下鉄銀座線・都営浅草線の
    徒歩1分です。詳しくは 下記HPにアクセスください・・。
       http://www.kamiya-bar.com )
    (予約者名 「早慶交流会・柴田章弘」)

参 加:会員・塾員+ご家族・塾生のご参加も歓迎いたします)

4月17日(日)の主なスケジュール:
  11:30~14:00頃   慶早交流懇親会(神谷バー2階)
  14:30~15:45頃   慶早レガッタ応援(隅田川)
  15:45~17:00頃   浅草界隈を散策


参加の申し込み
  ご参加ご希望の方は、4月8日(金)をまでに、
「お名前」と「卒年・学科」を記入して、下記メルアドへ、早めにご連絡くださいます
ようお願いいたします。

(連絡窓口)
  神奈川通信三田会 早慶交流担当部長 柴田 章弘 宛て
        メール ktm@freeml.com
http://www.facebook.com/wkregatta

http://www.facebook.com/wkregatta

 

三田評論「三田会だより・寄付金」記事

 投稿者:塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2016年 1月15日(金)13時14分25秒
返信・引用
                                  2016年01月14日

 神奈川通信三田会
 役員・顧問の皆さま

                             会長・塾員部長 宮坂 きよ子

『三田評論 2016年1月号』  に、2015年11月14日(土)の神奈川通信三田会
総会・記念講演会、ならびに寄付金等の記事が掲載されました。
ご参考までにお知らせします。
総会・記念講演会の記事は、132~133頁に掲載されております。
また、総会時に皆さまからいただいた寄付については、
同紙後部の「慶應義塾大学病院新病院棟建設事業募金」寄付金欄2頁に
ご寄付くださいましたすべての方のお名前が掲載されております。

 

2015年9月(123回)通信教育課程卒業生数と2015年度10月生の入学者数

 投稿者:塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2015年12月21日(月)22時23分17秒
返信・引用
  皆様

2015年9月(123回)通信教育課程卒業生数と2015年度10月生の入学者数について

 標記についてお知らせします。
 2015年9月卒業生数は98名(昨年9月比7名増)でした。
 また、卒業生累計は、9月卒業生数を加え14,901名となり、15,000名まであと99名です。
 10月生の入学者数は505名(昨年度10月生入学者数比124名増)でした。10月入学生は大幅な増加傾向と  なっています。

1、2015年9月(123回)通信教育課程卒業生数

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 学部   類     男      女      計
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 文学部 第1類    5名    15名    20名
     ------------------------
     第2類    2名     5名     7名
     ------------------------
     第3類    4名    18名    22名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  小計       11名    38名    49名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 経済学部      11名    14名    25名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 法学部 甲 類   14名     5名    19名
     ------------------------
     乙 類    4名     1名     5名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  小計       18名     6名    24名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 合 計       40名    58名    98名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出所:「ニューズレター慶應通信2015/12」


【参考】2014年9月卒業生数
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 学部   類     男      女      計
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 文学部 第1類   10名     5名    15名
     --------------------------
     第2類    2名     8名    10名
     --------------------------
     第3類    2名    14名    16名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  小計       14名    27名    41名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 経済学部      16名    12名    28名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 法学部 甲 類   12名     9名    21名
     --------------------------
     乙 類    1名     0名     1名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  小計       13名     9名    22名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 合 計       43名    48名    91名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出所:「ニューズレター慶應通信2015/4」


【参考】卒業生累計(単位:名)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      2013年9月  2014年3月  2014年9月  2015年3月  2015年9月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 男性    7,549    7,643    7,686    7,764    7,804
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 女性    6,308    6,912    6,960    7,039    7,097
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 合計    14,357      14,555   14,646      14,803    14,901
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注:上記数値は、全国通信三田会にて類計したもの。大学側は未公開


2、2015年度10月生の入学者数
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 学部    類     男     女      計
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 文学部  第1類   39名   70名   109名
      -----------------------
      第2類   21名    9名    30名
      -----------------------
      第3類   19名   51名    70名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  小計        79名  130名   209名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 経済学部      117名   54名   171名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 法学部  甲 類   51名   30名    81名
      -----------------------
      乙 類   35名    9名    44名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  小計        86名   39名   125名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 合 計       282名  223名   505名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出所:「ニューズレター慶應通信2015/12」


【参考】2013年度~2015年度による10月期入学者推移(単位:名)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        文学部     経済学部        法学部       全 学 部
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       男性  女性   男性 女性   男性 女性    男性   女性   合計
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2013年度   59    104     71    41    54    34      184     179    363
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年度    57    109     79    42    53    42       189     193    381
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015年度     79    130    117    54     86    39      282     223    505
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参照:http://www.tsushin.keio.ac.jp/about/data.html(データで見る通信教育部)2015.12.19

以上   
 

平成27年度忘年会が盛会裏に開催

 投稿者:出口 常雄  投稿日:2015年12月15日(火)14時36分53秒
返信・引用
  神奈川通信三田会:平成27年度忘年会が盛会裏に開催

                        2015年12月15日


                        会  長  吉浜 健二

                        企画部長  出口 常雄

 1 日 時 2015年12月12日(土)14:00~16:00

 2 場 所 慶應義塾日吉キャンパス ファカルティラウンジ

 3 参加者 21名(二次会参加者 12名)



 題記忘年会が、去る12月12日(土)14時から16時まで「慶應義塾日吉キャンパス来往舎B-1 ファカルティラウンジ」にて開催。ご来賓・会員など21名が参加。

 忘年会は、出口企画部長の司会により開始。塾歌斉唱、吉浜会長から「本年度の全部の計画がいずれも盛会の中でとどこおりなく行われたこと」など日頃の役員・会員のご協力に対する謝辞の後、ご来賓の栗生賢一郎慶應義塾大学理工学部学術支援課長から理工学部の現況とともに「来年11月26日(土)にベトナムホーチーミンで第5回東南アジア連合三田会への皆さんのご参加を期待したい」などご挨拶をいただいた。

引き続き、ご来賓の中尾誠男相模原三田会副会長の音頭で元気一杯に乾杯し、懇親会がスタート。

まず、参加者全員揃って記念写真を撮影し、しばし歓談後参加者全員順次自己紹介や近況報告が行われ、ご来賓の堀田健全国通信三田会会計監査、大川成一埼玉通信三田会会長に加え、今回は特に3名の新入会員が初めて参加するなど終始和やかな雰囲気の中で盛会裏に行われた。

最後に栗生課長のエールのもと全員で「若き血」を斉唱し散会した。



その後、二次会は有志が渋谷マークシティー4階の「銀座ライオン」で開催。

森征一慶應義塾大学名誉教授・常磐大学理事長が水戸市より馳せ参じてご参加いただき、さらに田沼千鶴子副会長も加わり、到着メンバーが増える度に乾杯を何度か繰り返しながら20時過ぎまで、ご来賓の方々を囲み和気藹々と賑やかに交流を深め歓談。

来年の1月8日(金)18時30分から神奈川県民センターの新年会にて再会を約束して解散した。

(文責:神奈川通信三田会 企画部長 出口 常雄)


  <写真はいずれも高橋豊副会長から提供されたものです。>


 

平成27年度総会・記念講演会が盛会裡に実施

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2015年11月20日(金)21時21分34秒
返信・引用
           平成27年度総会・記念講演会が盛会裡に実施
                            2015年11月20日
                         慶應義塾神奈川通信三田会
                             会  長 吉浜 健二
                                                         総務部長 辻  昭彦

 神奈川通信三田会の平成27年度総会・記念講演会が、11月14日(土)13時から
日吉第6校舎1階J611教室において開催された。当日は11時半頃から看板掲示・
受付準備等が始まり、総会・記念講演会ならびに懇親会などがすべて円滑に実施された。
総会においては、提案された案件はすべて承認され閉会。10月初旬の予備役員会から
総会までの準備作業・会報の発行・発送作業など、会員の皆さまにはそれぞれお忙しい
事情の中で、総会成功に向けてご尽力をいただきありがとうございました!

 総会に引き続き、14時45分過ぎからご来賓と総会参加者全員で、小雨のため室内で、
記念写真の撮影を実施。15時から演題:「縁と絆と助け合い-被災地支援と2025年
問題の話」で松岡誠治医師(塾員、横浜青葉三田会幹事)のご講演をいただいた。

 記念講演会に続き、慶應義塾塾員センター蠣崎元章部長から、「慶應義塾の現況」につ
いてご講演をいただいた。17時15分からは、日吉学生食堂2F「さぼてんエクスプ
レス」において懇親会を実施。
 記念講演をしていただいた松岡医師、塾員センターの蠣崎部長が引き続きご臨席。来賓
として、全国通信三田会から山岡会長、星野広報部副部長、埼玉通信三田会から大川会長が
ご出席された。山岡会長の乾杯のご発声の後、懇親会参加者一同は、なごやかに歓談のひ
と時を過ごすことができた。
 総会・記念講演会・懇親会には多くの塾員の方々にご参加いただいた。
皆さま方のご協力に対し、改めて厚くお礼申しあげます。
                                   以上
(文責 総務部長 辻 昭彦)

***************************************
    神奈川通信三田会 総会・記念講演会等の実施概要(参考)
                           2015年11月20日

1.日 時:2015年11月14日(土)13:00~19:15
2.場 所:日吉・第6校舎「J611教室」
3.参 加:36名
4.主なスケジュール
  ・13:00~14:30 総会、
  ・14:45~15:00 写真撮影
  ・15:00~16:40 記念講演
           ・講 師:松岡誠治医師(塾員、横浜青葉三田会幹事)
          ・演 題:「縁と絆と助け合い-被災地支援と2025年問題の話」
  ・16:40~17:00 塾の近況:塾員センター部長 蠣崎元章様
   ・17:15~19:15 懇親会(参加24名)
          ・場所:学生食堂2F「さぼてんエクスプレス」
                                  以 上
(2015年11月20日 文責:総務部長 辻 昭彦)

****************************************
【写真はすべて東海林修さんが撮影されました】

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

平成27年度忘年会の開催(お知らせ)

 投稿者:出口 常雄  投稿日:2015年11月20日(金)20時50分16秒
返信・引用
  役員・顧問 の皆さま

慶應義塾神奈川通信三田会
平成27年度忘年会の開催(お知らせ)
平成27年11月20日
                           会 長  吉浜 健二
                           企画部長 出口 常雄

秋冷の候、 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、すでに会報等でお知らせいたしておりますが、平成27年度忘年会を下記の通り開催いたします。
当日は、慶應義塾大学「栗生賢一郎」理工学部学術支援課長 ならびに全国通信三田会副会長・埼玉通信三田会「大川成一」会長が、ご来賓として参加される予定です。
皆さまには年末のご多忙の折、誠に恐縮ですが、本年の結びの行事に是非ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。
なお、すでに参加・不参加のご連絡をされている方は、ご放念ください・・。

                 記

1  日 時: 平成27年12月12日(土) 午後2時から4時30分
2  場 所: 慶應義塾日吉キャンパス 来往舎「ファカルティラウジ」
3  会 費: 5000円
4  ご返事: ご参加される方は、ktm@freeml.com    企画部長 出口常雄あてに
12月6日(日)までに ご連絡ください。
                            以上

 

早慶交流会

 投稿者:柴田 章弘  投稿日:2015年10月 4日(日)08時21分28秒
返信・引用
  早慶第一戦の後、早稲田通信稲門会の皆さんと交流会を行います。ふるってご参加下さい。

2015年10月31日(土)午後5時~7時

会費:4000円ぐらい

銀座ライオン7丁目店 2階

http://www.hotpepper.jp/strJ000765139/map/?vos=evpahpp6002x3024646

神奈川通信三田会
渉外:早慶交流会担当
柴田 章弘
aaf10840@eos.ocn.ne.jp

http://www.facebook.com/wkregatta

 

2015年連合三田会大会時の利用教室のお知らせ

 投稿者:神奈川通信三田会塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2015年 9月27日(日)15時39分45秒
返信・引用
  会員の皆さま

2015年10月25日(日)に行われる「2015年連合三田会大会」時の当会で利用できる教室が、
「慶應高校校舎 209」 に決定 とのご連絡を、2015年連合三田会設営部会
施設管理G 齊戸様から いただきました。
 特に雨天の場合は、上記「高校校舎 209」にお集まりください。

 ( 文責 20150927 宮坂 きよ子 神奈川通信三田会塾員部長)
 

「話題提供」実施報告

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2015年 9月22日(火)19時06分47秒
返信・引用
               平成27年9月9日の「話題提供」実施報告
          ~交詢社の歴史を立体的に説明~

<講演会概要>
 現在神奈川通信三田会の顧問である講師の木村和道さんは、当会会長を長らく
務められ、会の発展に大変ご尽力されて来ました。

 当日は大雨に見舞われた地域も多い中で多くの方々が参加され、「福澤諭吉と
交詢社」という演題で講演をされました。

 持参された「日本紳士録」創刊100年記念として出版された『クラシック銀座』
(昭和63年発行)には、建てかえ前の荘厳で格調高いロマネスク様式、ゴシック
様式の交詢社内部の貴重な写真が巻頭から30頁ほど掲載され、建設当時をしの
ばせる貴重な資料でありました。

1.日  時:平成27年09月9日(水)18:30~20:00
2.場  所:かながわ県民センター 302会議室
3.参加者氏名:13名(敬称略)
   赤岡充雄、稲生弘子、木村和道、河野紘一、迫 一美、東海林 修、高橋光男、
   高橋 豊、山川泰代、畠山和子、吉岡久仁子、吉浜健二、辻 昭彦(記)
4.話題提供者・演題:
  ・講演者:木村和道顧問(53法)
  ・演 題:「福澤諭吉と交詢社」
5.講演内容の概要旨
  交詢社は明治13年(1880年)福澤諭吉が提唱し、結成された日本で最初の実
 業家の社交クラブで、一般財団法人である。慶應義塾の同窓会メンバーを中心と
 して社則を草案し、1880年1月25日に青松寺(東京芝区愛宕下)で交詢社の
 発会式が行われ、24名が常議員となった。

  交詢社は創立の当初から1700余名の会員を擁していたが、これらは全て慶應
 義塾の卒業生に限らず、広く世間一般に加入を勧誘した。発足時の常議員も24名の
 うち慶應義塾関係者は12名に過ぎず、また社員の職業で一番多いのは学者・官吏で、
 続いて商業・農業の順であった。

  交詢社を慶應義塾の卒業生だけのクラブとしなかったところに、福澤先生の大きな
 視野が感じられ、交詢社の隆盛を約束している原因の一つである。会員数(社員数)は
 2014年末現在で2225名である。

  以下は、「慶應義塾豆百科」No.38交詢社を参照。福澤先生の三大事業と称するもの
 がある。「慶應義塾」と「交詢社」、それに「時事新報」の3つである。
  「時事新報」は明治15年に創刊され、不偏不党の立場を堅持して隆盛したが、昭和
 10年のはじめ経営的に行き詰まり廃刊されたが、その後復刊された。
  福澤先生は慶應義塾の目的は、学者を養成するのではなく、実社会に出て実技をみがき、
 社会の先導者となるべき人物の育成にあるとしていた。学校を卒業した者の勉学の手段と
 して、本を読むのはなく人と接して、談笑する間 に知識を交換しあう社会教育の場を考え
 つかれたのであった。

  昭和4年(1929年)に建てられた建物は、現在地の銀座6丁目は創立以来のまま
 であるが、老朽化のため75年後の2004年9月に建て替えとなった。新しい交詢ビ
 ルディングは、旧建築の正面玄関をそのまま保存しており、談話室や中庭も一度解体し、
 復元・移設。伝統を保ちながら先進性を兼ね備えている。
                                  以上
(2015年09月22日 文責 副会長・総務部長 辻昭 彦)

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

TV放映のお知らせ(小林一三と松永安左衛門)

 投稿者:塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2015年 8月30日(日)21時50分29秒
返信・引用
  皆さん

慶應義塾出身の二人の経済人、「小林一三」と「松永安左衛門」が、
NHK放送90年ドラマ 三部作として放映されます。

 第一部 「高橋 是清」(8月29日(土)21時ー22時 放映済み)
 第二部 「小林一三」」(9月05日(土)21時ー22時 放映予定)
 第三部 「松永安左衛門」(9月12日(土)21時ー22時 放映予定)

「小林一三」は、阪急電鉄や宝塚歌劇団など阪急東宝グループを
創設。俳優 阿部サダオが演じます。

「松永安左衛門」は、「電力の鬼」として我が国電力の礎を築く。
俳優 吉田剛太郎が演じます。

   (出所は;三田評論2015、8/9 No1192 94頁掲載)

以上
2015年08月30日 塾員部長 宮坂 きよ子

 

9月9日(水)の話題提供のご案内

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2015年 8月29日(土)18時17分43秒
返信・引用
        9月9日(水)の話題提供のご案内

・日時:9月9日(水)18:30~20:00(予定)

・場所:かながわ県民センター 3F302会議室

・話題提供
   ・講師:木村和道顧問
   ・演題:「福澤諭吉と交詢社」


皆さまのご参加をお待ちしています。

8/27
副会長・総務部長
辻 昭彦

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

ヨコハマ早慶懇親会

 投稿者:柴田 章弘  投稿日:2015年 7月18日(土)10時37分11秒
返信・引用 編集済
   梅雨明けがもうすぐですが、皆さまお元気でご活躍のことと思います。
さて、4月の浅草レガッタで話題になりました「ヨコハマ早慶懇親交流会」を、
下記の日程で開催することになりました。
ご家族のご参加も大歓迎いたしますので、ぜひご参加くださいませんか?

                                ー記ー
1. 日時は  8月22日
(土)16:30
2.場所は 横浜駅東口 地下街の「そごうデパート」入口の時計台下 集合。
      集合後 そごう下の 船着き場から、「シーバス」に乗船しばし横浜港をクルーズします。
      山下公園へ到着。シーバス代(700円)は各自支払とします。
       そして、山下公園や中華街をしばし散策します。
4.懇親会は、18:00ころから、中華街の「重慶飯店別館」
       (山下町142 電話045-641-8386)にて、
        「ヨコハマ早慶懇親交流会」にてれ暑気ばらいをいたします。
           (早慶交流会名義にて、個室を予約済みです。)
    会費は6000円ほどの予定です。

5.参加人数 当面 懇親会の会場予約の関係で 20名 とします。
       (参加希望人数により弾力的に対応しますので ご安心ください)

5.ご返事 ご参加希望の方は、お名前と、
       16:30から参加 または
       18:00から懇親会の部から参加
      のいずれかを明記して このメール受信後 できれば早めに 柴田まで
      メールでご連絡くださいませんか・・。
      参加ご希望の方には、追加の情報連絡を差しあげます・・!

2015/7/18
早慶交流会担当部長
柴田章弘
aaf10840@eos.ocn.ne.jp





http://www.facebook.com/wkregatta

 

松本通信三田会との交流会

 投稿者:出口 常雄  投稿日:2015年 7月 2日(木)16時31分51秒
返信・引用
  松本通信三田会との交流会



 平成27年6月27日(土)~28日(日)、松本通信三田会との交流研修会が盛会裏に実施された。

 27日(土)12時30分JR松本駅で、全国通信三田会松本地域担当のお出迎えをいただき、神奈川の役員会員はもとより徳島、岡山、愛知、静岡、埼玉、千葉、福島ほかから、それぞれお忙しい事情の中、鈴木保雄前バンコク三田会副会長も加わり20名の皆さまが集合。

 駅前から市営バスに乗車、国宝・松本城前で下車、お城近くの古民家風の食事処「しづか」にて遅めの昼食をいただく。

 松本城、松本神社、重要文化財・旧開智学校などを見学。宿舎近くの「山辺ワイナリー」に立ち寄り、信濃ワインを何杯も美味しく試飲堪能した後、16時過ぎ信州・松本美ヶ原温泉 旬彩「月の静香」ホテルに到着。

 18時から交流会が行われ、地元松本通信三田会から 松沢茂会長、松本地域担当、平林美知子さん、神奈川通信三田会から吉浜健二会長(以下敬称略)赤岡充雄、木村和道、迫一美、高橋伸和、高橋豊、田沼千鶴子、出口常雄、長谷川英昭(9名)、伏屋重晴・八木良一全国通信三田会顧問、大原三枝子徳島通信三田会会長、笠原誠一岡山通信三田会会長代理、奥田浩静岡三田クラブ会長、堀田健全国通信三田会会計監査、大川成一全国通信三田会副会長(会計担当)、埼玉通信三田会会長、森正次福島通信三田会会長、鈴木保雄前バンコク三田会副会長、栗生賢一郎慶應義塾先端科学技術研究センター事務長合わせて22名が出席。

 交流会は、出口常雄企画部長代行の進行で開始。

 吉浜健二神奈川通信三田会会長の挨拶(謝辞)、松沢茂松本通信三田会会長の歓迎のご挨拶に続いて、鈴木保雄前バンコク三田会副会長・栗生賢一郎先端科学技術研究センター事務長ご両人の乾杯の後、記念写真撮影が行われた。

 懇親に先立ち、会場の豪華な能舞台風大広間で松本地域担当の華麗な日本舞踊が披露され、参加者全員深く感動した。高揚した雰囲気の中しばし歓談の後、全員の自己紹介が行われた。

 結びに、長野県飯田市ご出身の栗生賢一郎さんより長野県歌「信濃の国」の歌唱指導を

いただき「月の静香」の女性従業員の皆さまも加わり全員で斉唱、引き続き栗生さんの応援指導のもと「若き血」を斉唱し散会。

 二次会は、吉浜会長以下全員で客室に移動し和気藹藹の雰囲気の中で夜が更けるまでお互いに懇親を深め合った。

 翌28日(日)は、田沼千鶴子副会長をはじめ有志10名が、ホテル近くの温泉施設2階で「蕎麦打ち体験」に参加。参加者は、白衣を身に纏い真剣にそば打ちを体験した。

 他のメンバーは、井戸巡りや市内観光を楽しみ夕刻には参加者全員無事帰宅した。(文責:企画部長代行 出口 常雄記)
 

2015年新塾員卒論発表会と歓迎懇親会

 投稿者:東海林 修  投稿日:2015年 6月21日(日)23時15分14秒
返信・引用
  2015年度新塾員卒論発表会・歓迎懇親会行われる

2015年6月6日(土)13時から恒例の神奈川通信三田会主催の2015年度
新塾員卒論発表会が日吉キャンパス第六校舎J612教室にて開かれ、続いて
17時半から学食2階グリーンズマルシェで多くの塾員・塾生が参加して行われた。

第1部 新塾員卒論発表会
日 時:2015年6月6日(土)13時~17時
場 所:慶應義塾大学日吉キャンパス第6校舎J612教室
参加者:塾員35名、塾生16名 計51名
司 会:塚田光博君(25法)
座 長:渡部外彦君(23経済)山田愛子君(26文)

発表者:
    1.佐々木寛通君(文・横浜慶友会出身)
            卒論題目:『万葉集』の歌の素材「かはづ」からの一考察
    2.高橋正史君(経済・湘南慶友会出身)
            卒論題目:レアアース資源を海に求めて
                            ―国際放射線防護委員会(ICRP)1990年勧告から
                               その可能性を探るー
    3.小田忠夫君(法・横浜慶友会出身)
            卒論題目:尊厳死に関する一考察
                            ―代行判断を中心にして―
    4.大川原武司君(法・湘南慶友会出身)
            卒論題目:議員定数不均衡に含まれる憲法上の問題点についての考察
                            ―最高裁判所における多数意見と少数意見の分岐について―

謝辞と講評:会長 吉浜健二君(7法)
記念写真撮影:第6校舎玄関前

第2部 新塾員歓迎懇親会
日 時:2015年6月6日(土)17時半~19時半
場 所:グリーンズマルシェ(学生食堂2階)
参加者:21名(塾員:19名 塾生2名)
司 会:杉山初江君(14文・20法)
謝 辞:会長 吉浜健二君(7法)
来賓挨拶:堀田健君(全国通信三田会会計監査)
乾 杯:副会長 高橋豊君(8経済・12法)
吉浜会長から卒論発表者に記念品(ワイン)の贈呈
卒業を祝って塾員田中千鶴君(26文)が民謡の祝い唄
「花笠音頭」を熱唱して全員が歌い盛り上がった。
自己紹介:出席者全員がそれぞれユーモア溢れる近況報告が
行われ、<若き血潮>斉唱し記念撮影をして終了した。
(文責:渉外部長 東海林修)

*****************************
  東海林 修
  e-mail : o-shoji@mwa.biglobe.ne.jp
*****************************
 

2015年4月通信教育課程の新規入学者数

 投稿者:神奈川通信三田会塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2015年 6月 7日(日)22時36分18秒
返信・引用
  皆 様

                                    神奈川通信三田会

                                    塾員部長 宮坂きよ子



2015年4月通信教育課程の新規入学者数を御知らせします。

4月入学者数は、昨年698名でしたが、今年は888名と持ち直しました。


     2015年4月通信教育課程の新規入学者数

          男        女       合計

文学部第1類   78名     130名     208名

   第2類   28名      33名      61名

   第3類   48名      85名     133名

経済学部    187名      90名     277名

法学部 甲類   83名      59名     142名

    乙類   45名      22名      67名

  合計    469名     419名     888名


<参考>

2014年同時期  698名
2013年同時期  827
2012年同時期  821
2011年同時期  978
2010年同時期 1035
2009年    1241
2008年    1202
2007年    1101

              出所;慶應義塾大学通信教育部
                 『ニューズレター慶應通信2015年6月』 を一部加工
                    以上 (文責  塾員部長 宮坂 きよ子)



 

会報42号(春号)発送作業を実施

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2015年 5月27日(水)19時03分27秒
返信・引用
            会報42号(春号)発送作業を実施

1.日 時:5月17日(日)12:50~14:50

2.場 所:かながわ県民センター 302会議室

3.参加者氏名(敬称略):15名
  稲生弘子、櫻井芳寛、迫 一美、東海林 修、高橋伸和、高橋光男、
    長谷川英昭、 櫨川房江、浜松侑子、平田東助、山口則子、山田愛子、
    和田順子、吉浜健二、 辻 昭彦(記)

4.発送内容;部数582通
   ・会報送付の案内状
   ・会報『日吉の杜』第42号 春号
   ・年会費振込用紙(該当者)

【発送作業風景】写真はすべて東海林修さんからご提供いただきました。

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

神奈川通信三田会会報春号の発送作業のお知らせとお願い

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2015年 5月 9日(土)18時34分46秒
返信・引用
  神奈川通信三田会会報春号の発送作業のお知らせとお願い

                     2015年05月09日
                   副会長・総務部長 辻 昭彦

 標記の神奈川通信三田会会報(第42号春号)の発送作業を行い
ますので、役員・顧問の皆さまのご協力をよろしくお願いします。

             -記-

 1.日 時:5月17日(日)13:00~16:00
 2.場 所:かながわ県民センター 3階 302会議室
  3.発送内容:
     ・会 報:約570通(予定)
        ・会長挨拶文(全員)
     ・年会費納入郵便振替用紙(対象者)

 4.会報発送
      ・封筒づめ終了後、クロネコまたは郵便にて発送します。
                          以 上

   (2015/05/09 副会長・総務部長 辻 昭彦記)

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

2015年新塾員卒論発表会

 投稿者:東海林 修  投稿日:2015年 4月23日(木)20時47分47秒
返信・引用
  神奈川通信三田会の皆様


渉外部の東海林修です。



恒例の神奈川通信三田会主催の2015年新塾員卒論発表会を下記の通り開催しますので

ご出席いただきますようご案内いたします。



1.期日:2015年6月6日(土)

            午後1時開始(受付は12時半より)



           午後1時~午後5時   卒論発表会



       <座長>  横浜慶友会:渡部外彦君(横浜慶友会前会長)
          湘南慶友会:山田愛子君(昨年の発表者)


         発表者:①  横浜慶友会

                        佐々木 寛通君(文学部Ⅲ類)
                             題目:『万葉集』の歌の素材「かはづ」からの一考察

                        小田 忠夫君(法学部甲類)
                             題目:尊厳死に関する一考察-代行判断を中心にして-

                   ② 湘南慶友会

                        高橋 正史君(経済)

                             題目:レアアース資源を海に求めて

                                 ー国際放射線防護委員会(ICRP)

                                  1990年勧告からその可能性を探る

                大川原 武司君(法)

                               題目:議員定数不均衡に含まれる憲法上の問題点に

                                   ついての考察ー最高裁判所における多数意見と

                                   少数意見の分岐について―



                   <謝意と講評>    会長 吉浜健二君

           < 記念撮影>

          <新塾員歓迎懇親会> 午後5時半から午後7時半ころ(予定)



2.    会場: 卒論発表会 :慶大日吉キャンパス第6校舎J612教室

     新塾員歓迎懇親会: 学生大食堂2階グリーンズマルシェ



3.    会費:卒論発表会のみ参加                 100円(資料代)

     懇親会参加者 塾 員           4500円


4. 参加申込:2015年5月25日(月)までに、

             神奈川通信三田会渉外部長 東海林修 宛てに

             メール ktm@freemi.com    にてお願いします。

                                                                                                                                以上
                 (文責:渉外部長 東海林 修)


 

2014年度慶應義塾通信課程卒業生と2015年度主な年間スケジュール

 投稿者:神奈川通信三田会塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2015年 4月 3日(金)16時08分25秒
返信・引用
                                          2015年4月3日
皆  様

                            神奈川通信三田会塾員部長 宮坂きよ子

去る3月23日(月)、2014年度卒業式が日吉キャンパス日吉記念館において行われ、通信教育課程248名の卒業生が新たに義塾を巣立ちました。
また、通信教育課程の年間スケジュールが発表されました。

2014年度通信教育課程卒業生と2015年度年間スケジュール

1、2014年度通信教育課程卒業生数(単位:名)
             男     女     合計
  文学部第1類     19     23     42
     第2類     10     17     27
     第3塁     15     41     56
     (小計)   (44)   (81)   (125)
  経済学部       36     22     58
  法学部甲類      31     20     51
     乙類      10      4     14
     (小計)   (41)   (24)   (65)
   -------------------------
   合 計       121    127     248


  卒業生累計(単位:名)
      2013年9月  2014年3月  2014年9月  2015年3月
  男性   7,549    7,643    7,686    7,764
  女性   6,808    6,912    6,960    7,039
  ------------------------------
  合計   14,357   14,555   14,646    14,803
   注:上記数値は、全国通信三田会にて類計したもの。大学側は未公開


  「2014年度通信教育課程9月と3月卒の内訳(単位:名)
         2014年9月卒   2015年3月卒   小   計
        男  女  計  男  女  計  男  女  計
  文学部1類  10  5  15  9  18  27  19  23  42
     2類   2  8  10  8   9  17  10  17  27
     3類   2  14  16  13   27   40  15  41  56
   小計    14  27  41  30    54    84    44    81   125
  経済学部   16  12  28   20    10    30    36    22    58
  法学部甲類  12    9   21   19    11    30    31    20    51
     乙類   1    0   1    9     4     13    10     4    14
   小計    13    9   22   28    15    43    41    24    65
   --------------------------------
   合計    43   48   91   78    79   157    121   127   248
   出所:「ニューズレター慶應通信2015/4」文責:全国通信三田会渉外部


2、2015年度慶應義塾通信教育課程の主な年間スケジュール
  4月11~12日   第Ⅰ回科目試験
  4月29日     入学式・入学オリエンテーション(三田キャンパス)
  7月4~5日    第Ⅱ回科目試験
  8月5日     夏期スクーリング授業開始
  8月24日     夏期スクーリング授業終了
  9月24日     夜間スクーリング授業開始
  10月17~18日  第Ⅲ回科目試験
  11月21~24日  三田祭期間
  1月6日      夜間スクーリング終了
  1月10日     福澤諭吉誕生記念日
  1月16~17日   第4回科目試験
  3月23日     2015年度卒業式
                               以上



  
 

早慶レガッタ応援と慶早定例交流会

 投稿者:柴田 章弘  投稿日:2015年 3月22日(日)08時38分26秒
返信・引用
  全国各地域の三田会の皆さまにも、ご都合のつく方はぜひご参加
下さいますよう、ご案内・お待ちいたしております。
            ー記ー
日 時:2015年04月19日(日)11:30集合
会 費:@3000円前後(当日精算します)
場 所:浅草「神谷バー」2階(電話03-3841-5400
     住所は台東区浅草1丁目1番1号。 地下鉄銀座線・都営浅草線の
    徒歩1分です。詳しくは 下記HPにアクセスください・・。
       http://www.kamiya-bar.com )
    (予約者名 「早慶交流会・柴田章弘」)

参 加:会員・塾員+ご家族・塾生のご参加も歓迎いたします)

4月19日(日)の主なスケジュール:
  11:30~14:00頃   慶早交流懇親会(神谷バー2階)
  14:30~15:45頃   慶早レガッタ応援(隅田川)
  15:45~17:00頃   浅草界隈を散策


参加の申し込み
  ご参加ご希望の方は、4月5日(月)をまでに、
「お名前」と「卒年・学科」を記入して、下記メルアドへ、早めにご連絡くださいます
ようお願いいたします。

(連絡窓口)
  神奈川通信三田会 早慶交流担当部長 柴田 章弘 宛て
        メール ktm@freeml.com

http://www.facebook.com/wkregatta

 

〈同好会便り〉吉川安惟子さんの手芸教室開催される

 投稿者:宮坂きよ子  投稿日:2015年 3月10日(火)21時34分37秒
返信・引用
   神奈川通信三田会会員による初めての手芸教室を1月31日(土)葉山の吉川邸で開催致しました。
 この手芸教室は、昨年の当会の総会に吉川さんが手編みの帽子の装いで参加されたことに始まります。吉川さんのその帽子に目を奪われた数人の会員が吉川さんを囲み、その中で編み方の講習会が望まれ、開催されるに至ったものです。
 この日の参加は8名。
 11時半に各自持参したお昼をとりながら、部屋中にたくさん飾られていた手芸品、藍染、日本画、織物など、多彩な作品に関する話に花が咲きました。
 昼食後、早速、制作に着手。毛糸の帽子は意外に難しく、編んではほどき、ほどいては編みの状態が続きました。
 また、参加者のうち3人は牛乳パックで作る小物入れに挑戦。これは牛乳パックを設計通りにカットした後、その周りに和紙を貼り合わせて完成させる作品。簡単に形はできるが、柄あわせのセンスが出来栄えの良さに繋がります。柄あわせは吉川さんのアドヴァイスを受けると見違えるようになり、これには参加者全員が感嘆。
 さらに小さな和紙の端切れを利用したミニ羽織の折り方も教えていただきました。手紙やプレゼントなどの装飾に利用できる一品でした。
 15時30分に終了。帽子は完成に至らなかったため、宿題。

 2回目は2月28日(土)に刺し子で作る小さなガマ口を制作
 3回目は3月28日(土)に開催予定

参加を希望される方は宮坂きよ子(042-796-9181)までお知らせください。
 

神奈川通信三田会 発送作業・臨時役員会を実施(ご報告)

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2015年 1月28日(水)20時44分35秒
返信・引用
     神奈川通信三田会 発送作業・臨時役員会を実施(ご報告)
                        2015年01月28日
                        総務部長  辻  昭彦

 1月25日(日)の発送作業には多くの方々のご参加をいただき、無事に終了
  しました。ご参加された皆様 ありがとうございました。
 当日の発送作業ならびに臨時役員会の概要を下記のとおりご報告いたします。

                記

・日時:2015年01月25日(日)13時~15時頃
・場所:かながわ県民センター3F 302会議室
・参加者;10名(敬称略)
     稲生弘子、亀岡敦子、櫻井芳寛、迫 一美、長谷川英昭
          浜松侑子、山口則子、山田愛子、吉浜健二、辻 昭彦(記)
・内容:
(1)活動計画の発送作業
   ・発送資料部数:482通(参加者手渡し10通を含む)
    ・同封資料 ・会長挨拶文
         ・平成27年神奈川通信三田会活動計画(予定)
                ・平成27年度神奈川通信三田会役員・顧問名簿
             ・年会費納入郵便振替用紙(対象者に同封)
(2)臨時役員会
   当日 発送作業後に臨時役員会が開催された。
  ・吉浜会長より、「迫 一美」さん(H22経)を総務部幹事として推薦したい
   との提案があり、了承された。

  ・11月14日(土)の特別講演会の講師として、横浜青葉三田会会長の
   「池井 優」先生のご紹介を得て、同三田会の役員で、地元で開業医(小児科)
   をされている「松岡誠治」さん(S63医学部卒)に、「地域診療」を中心
   に日ごろの経験を通した内容にてご講演依頼について、内諾を得られたとの報告
   が吉浜会長よりあり、了承された。
    松岡先生との演題その他の調整は、今後総務部を中心に行われる。

  ・全国通信三田会の秋期幹事会は10月18日(土)が10月24日(土)に、
      連合三田会大会は10月18日(日)が10月25日(日)にそれぞれ
      日程変更があった(既報)。
     このため、神奈川通信三田会の「総会案内・会報第42号秋号発送作業」は
   10月25日(日)13:00~が10月26日(月)17:00~ に
   変更になった。会場はかながわ県民センターで同じ。
                                         以 上
       (2015.01.28 文責 副会長・総務部長 辻  昭彦 記)

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

平成27年度役員会ならびに新年会を盛会裏に実施(報告)

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2015年 1月19日(月)20時41分53秒
返信・引用
  平成27年度役員会ならびに新年会を盛会裏に実施(報告)

                      2015年01月19日
                       総務部長 辻  昭彦

 12月26日にご案内のとおり、新年最初の役員会・新年会が下記のように
 行われました。ご参加のみなさんありがとうございました。

  役員会では本年度の活動計画等について活発な意見を交換し合い、引き続
 いて会場を移して新年会が行われました。

                -記-

1.日 時:1月9日(金)18:30~19:45(役員会)
2.場 所:かながわ県民センター 302会議室
3.参加者:16名(敬称略)
      (来賓)大川成一(埼玉通信三田会会長)
       稲生弘子、浦島章子、大部みちる、河野紘一、櫻井芳寛、
       東海林 修、東海林 徹、高橋伸和、高橋 豊、田沼千鶴子、
       長谷川英昭、宮坂きよ子、吉岡久仁子、吉浜健二、辻 昭彦(記)

 ・主な事項
 (1)役員会(18:30~19:45)
    ・「会報42号春号」の進捗状況等について
    ・ユニコン賞の対象者推薦について、横浜慶友会、湘南慶友会に案内をする。
          対象者がいれば、2月7日(土)または8日(日)に神奈川通信三田会として
          会長ほか役員複数にて面接(かながわ県民センター)を行う。
    ・9月9日(水)18:30~予定の話題提供は、当会顧問の木村和道さんに
          「福澤諭吉と交詢社」の演題でお願いする。
    ・6月27日(土)~28日(日)の国内研修は、松本通信三田会と交流をはかる。
        ・1月25日(日)活動動計画等の発送作業は13時から、かながわ県民センター
          3F302会議室で行う。

 (2)新年会(20:00~21:30)
        今年の新年会は、神奈川県民センター近くの居酒屋「津多家(つたや)」にて開催した。
       高橋伸和さんによる「会の発展と皆様の健康を祈念して」という乾杯で始まった。
        新年会の部からは、来賓として大川成一埼玉通信三田会会長ならびに田沼千鶴子さんが
       お孫さんの世話を終えてかけつけ参加。さらに初めての参加者2名があったためか、
       一段と和気藹藹とした雰囲気の中にも活気がみなぎった賑やかな新年会となった。
      「今年度の行事には積極的に参加したい」という新入会員の発言には大いに盛り上がり、
        21時半過ぎに東海林徹さんの音頭による三本締めにて散会となった。

以下の写真;高橋豊さんと東海林修さんからご提供。

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

通信教育部の近況

 投稿者:塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2015年 1月 8日(木)21時12分6秒
返信・引用
  通信教育部の近況

寒中お見舞い申し上げます。
通信教育部から2015年の夏期および夜間スクーリングの日程が発表になりました。
夏期スクーリングの1日の終了時間や昼休み時間の長さが東日本大震災を機に変わりましたが、
2015年度も昨年と同様の時間割で行われます。
これは電力量の削減を考え、1期7日間だったのを6日間にし、1日短くなった授業時間を昼休みの
短縮と終了時間を少し延長することによって帳尻合わせしたものです。

   2015年01月08日  塾員部長  宮坂きよ子

(1)1月~2月の主なスケジュール
   1月10日(金) 福澤先生誕生記念会(新年名刺交換会)<連絡済み>
   1月24日(土)~25日(日)第Ⅳ回科目試験<実施済み>
   2月03日(月) 福澤先生命日

(2)2015年度スクーリング日程
 (1)夏期スクーリング(各期とも日曜日を含む6日間)
  Ⅰ期 8月05日(水)~8月10日(月)08:45~17:15
  Ⅱ期 8月12日(土)~8月17日(月)08:45~17:15
  Ⅲ期 8月19日(日)~8月24日(月)08:45~17:15

 (2)夜間スクーリング(月~金。各曜日 105分X12回)
  9月24日(木)~1月6日(水)18:20~20:05
  大阪は、9月29日(火)~12月22日(火)18:20~20:05

(3)行事
 ・2015年度オリエンテーション
   4月29日(水・祝)三田
   5月9日(土)札幌、仙台、名古屋、大阪。福岡(予定)

    以上 出所;通信教育部「ニューズレター慶應通信 2015 1」

 (2015-01-08 文責:全国通信三田会渉外部部長代行 宮坂 きよ子)
 

平成27年度活動計画打ち合わせと新年会について

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2015年 1月 6日(火)20時29分12秒
返信・引用
  平成27年度活動計画打ち合わせと新年会について
                          2015年01月06日
                          総務部長  辻  昭彦

明けましておめでとうございます。昨年と同様本年もよろしくお願い申し上げます。

なお、各部部長には、各部から一人以上のご参加をお願いします。
また、遅くなってからのご参加も歓迎しますので、一人でも多くの役員会員の
みなさんのご参加をお待ちいたします。

             ー記ー

・日時:1月9日(金)18:30~19:30(予定)
・場所:かながわ県民センター 3階302号室 集合
 (1)平成成27年度活動計画打ち合わせ(役員会)
    ・新年度の行事計画と次回会合の確認
    ・1月25日(日)13時~ 発送業務内容の打ち合わせ
       (場所:かながわ県民センター302号室)

 (2)2015年 新年会 1月9日(金)19:30頃から
    ・場所 「津多屋 横浜鶴屋町店」(かながわ県民センタービル隣接)
        (住所 鶴屋町2-23-2 TSプラザビル地下1階
         電話 050-5828-8935 神奈川通信三田会で予約済み)
    ・会費 3千円以内(予定)

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

2015年 謹賀新年!

 投稿者:吉浜健二(平7政治)  投稿日:2015年 1月 2日(金)01時20分24秒
返信・引用
  2015年明けましておめでとうございます!
 ~皆さまのご尽力・ご協力に感謝をこめて! 本年もよろしく!~

                       2015年01月01日
                        会 長  吉浜 健二
                          役 員 一 同

みなさん! 2015年 あけましておめでとうございます!
ご家族おそろいで、元旦の雪景色で始まったそれぞれの2015年をお元気で
お迎えのこととお慶び申し上げます。

 「参加して楽しい三田会!楽しいから参加する三田会!」を目指して、諸先輩
から受け継いだ神奈川の伝統ともいうべき雰囲気を大事にしながら、みなさん
個々人に日ごろご尽力いただいておりますこと厚く御礼申しあげます。

 昨年をふり返りましても、1月10日(金)の新年会から12月13日(土)
の忘年会まで、めまぐるしくも楽しい諸行事をほぼ計画どおりに実施していた
だきましたこと、厚く御礼申しあげます。

 11月15日(土)の総会・記念講演会や会報春号・秋号の発行はもとより、
5月31日(土)は、新卒生が精根込めた卒論発表会。9月10日(水)は
田中弘孝さんの話題提供。「歴史小説と時代小説」「滅亡の4つの法則」などを
改めて知ることができました。4月と11月の慶早交流会では勝敗を超えてお互いの
コミュニケーションがさらに深化。

 11月15日(土)の総会では、役員・顧問の新体制や行事計画などが承認。
河野武司先生の「選挙制度」ご講演はそのすぐ後の衆議院選挙の結果をほぼ予言
するような貴重な内容でした。
 11月21日~25日のジャカルタ三田会との交流会ならびに第4回東南アジア
連合三田会には20名の仲間が参加、など・・・・、
それぞれの行事の実施内容につきましては、各部長の報告のもとに、参加された
みなさんからの寄稿や記録写真を中心に、担当役員が丁寧に編集しアップして
いただいております。

 会員の皆さんには、まず参加。広く他の会員や塾生と顔を合わし会話を通じた
人と人との現場交流を深めていただきたい、さらにフェースブックへの参加や、
HP各項目へのアクセスについても、より積極的に参加していただきたいと希望
いたします。

さて、今年も1月09日(金)の新年の集いから諸行事がスタートします。

      「平成27年度神奈川通信三田会の活動計画概要」

・01月09日(金) 活動計画打合せ・新年会(かながわ県民センター 18:30~)
<・01月10日(土) 福澤先生誕生記念会・新年名刺交換会(三田西校舎 10:30~)>
・01月25日(日) 活動計画等発送作業(かながわ県民センター 13:00~)
・04月19日(日)慶早レガッタ・早慶通教OB会交流会(浅草神谷バー2階11:30~)

・05月17日(日) 会報第42号春号発送作業(かながわ県民センター 13:00~)
<05月23日(土)  全国通信三田会2014年春期幹事会(金沢 13:00~>

・06月06日(土) 2014年新塾員卒論発表会と懇親会(日吉 13:00~)
・06月26(金)~27日(土) 国内研修(場所 松本地域予定)

・09月09日(水) 話題提供 講師:未定 (かながわ県民センター404号室 18:30~)
<10月17日(土) 全国通信三田会2014年秋期幹事会(三田 場所未定 13;00~)
          記念講演会 講師:未定。懇親会:三田 場所未定(17:30頃~)>
<10月18日(日) 連合三田会大会(日吉9:00~会場設営06:30~ 雨天時 教室未定)>

・10月25日(日) 総会案内・会報第42号秋号発送作業(かながわ県民センター13:00~)
・10月31日(土) 秋の慶早戦応援と早慶通教OB交流会(神宮慶應ゲート集合11:30、
            早慶交流会は「銀座7丁目ライオン」予定17:00~)

・11月14日(土) 平成27年度総会・記念講演会 講師:未定(場所 日吉予定13:00~)
          17:00頃~ 懇親会(場所日吉予定 17:15~)
・12月12日(土) 忘年会(場所:日吉予定 14:00~)

 今年の上記活動の具体的内容につきましては、各部部長を中心に広くみなさん
からご意見をお聴きし無理のない形で粛々と実施してまいりたいと思います。

 三田会活動の基底は、何と言ってもご家族の健康と平安にあると思います。
皆さんはそれぞれのご家庭や仕事や勉学でお忙しい毎日を過ごしていることと
思います。
 それぞれの個々人の事情を最優先にしながら、無理しない範囲で、参加でき
そうな行事の日時を、年に2回以上参加を目途に、上記の日時の中から予定を
たてておいていただければ・・、と希望いたします。

 本年も、「集まって楽しい神奈川通信三田会!」「楽しいから集まる三田会!」
を一緒に目指してまいりませんか! よろしくご協力をお願いいたします。
   (2015年01月01日(木)  会長  吉浜健二記)
 

Re: 海外研修旅行「ジャカルタ三田会との研修交流会」実施報告

 投稿者:大山勝治 oyamajuku@nifty.com  投稿日:2014年12月 5日(金)21時32分42秒
返信・引用
  大山勝治 oyamajuku@nifty.comさんへのお返事です。

>   海外研修旅行(ジャカルタ三田会との交流会実施)から全員が無事に帰ってまいりました。その報告を以下にさせて頂きます。
> 写真も後程掲載致しますのでご覧下さい。
>
>                                                        -海外研修旅行「ジャカルタ三田会との研修交流会」実施報告-
>                                                  神奈川通信三田会・ジャカルタ三田会との交流会を成功裏に実現して無事帰国
>                                                 -池井優名誉教授によるミニ講演会、第4回東南アジア連合三田会総会&パーティ、
>                                                         ショッピング、ジャカルタ観光ツアー4泊5日間の海外研修旅行-
>
>                                                                                                                                                                                 2014年11月29日
>                                                                                                                                                                              会  長 吉浜 健二
>                                                                                                                                                                               企画部長 大山 勝治
> 期 間:2014年11月21日(金)~25日(火)
> 旅行先:インドネシアのジャカルタ
> 目 的:ジャカルタ三田会との研修交流会・第4回東南アジア連合三田会総会参加
> 参加者:24名(ゲスト参加5名を含む)
>
>   神奈川通信三田会は、11月21日(金)~25日(火)、第4回東南アジア連合三田会との交流会を中心に、国立博物館、イスティクラルモスク、独立記念塔の見学、代表的インドネシアのランチ体験、ボゴール植物園見学、最後にタマンミニ見学など、5日間の海外研修旅行に、通信三田会メンバー19名+ゲスト5名の計24名が参加、25日(火)には全員が元気で安全安心な旅を全うして、羽田国際空港へ無事に帰国した。
>
>  11月21日(金)の早朝、羽田空港3階国際線ロビーに当会メンバーはもちろん、長崎、岡山、徳島、群馬、埼玉など、各地域からの参加予定者20名全員が集合した。そして、同日夕刻にはジャカルタ空港へ到着、迎えのチャーターバスにて、時間の関係で
> 宿泊予定のマンダリン・オリエンタル・ホテル(MOH)へは荷物のみ搬送。ジャカルタ(JKT)三田会との研修交流会会場にそのまま直行。地元JKT三田会の麻生俊会長ご夫妻はじめ沢山の役員会員の温かな出迎えを受けて、塾・矢上研究支援センターの栗生賢一郎事務長、バンコックならびにマニラ三田会などから数名の塾員も前夜祭に合流。JKT三田会との交流が旅の疲れを忘れさせるほど楽しい雰囲気のもとに行われた。
>
>  翌22日(土)午前から午後にかけては、観光バスによる市内観光(国立博物館、イスティクラルモスク、独立記念塔の見学、代表的インドネシアのランチ体験、スラバヤ(骨董品)通り散策など)、23日(日)はジャカルタ近郊の観光バスツアー(ボゴール植物園見学・他)、24日(月)の最終日は、再び市内観光(タマンミニ見学 など)と巨大ショッピングセンター見学などを体験した。
>
>   特に、22日(土)は、ジャカルタ半日観光を終えて午後4時頃から約1時間、慶應義塾大学池井優名誉教授による特別ミニ講演会『慶應義塾応援歌物語~若き血・丘の上・慶應讃歌、・・~』に全員が参加。池井優先生の人を惹きつけて離さない豊富な見識と知識+巧みな話術等により、MOH3階会場のThe Grand Ball Room は、沢山の笑顔に包まれ、軽やかな楽しい慶應ムード一色の花が咲いた。
>
>   そして、18時過ぎからは「第4回東南アジア連合三田会総会・懇親会」が開式。15箇所の東南アジアや日本など各地域三田会から総勢212名が参加。私たち神奈川通信三田会グループも広い会場内22か所に配置された各テーブルにそれぞれ分かれて着席。各テーブルではそれぞれ各地域三田会の方々との話しに花が咲き、お互いに自己紹介をするなど一層の交流を深めていた。
>
>   総会は主催者のジャカルタ三田会麻生俊会長のご挨拶・謝辞で開会。来賓挨拶として、この総会に塾長代行としてご参加の増野匤彦常任理事ならびに塩尻孝二郎元駐インドネシア特命全権大使が祝辞、鈴木保雄前バンコック三田会副会長の発声で乾杯。JKTで演有名なプロによるポピュラー音楽演奏が会場の雰囲気を側面から盛り上げていた。
>
>   しばらく懇談のあと、恒例の参加各地域三田会から参加者の紹介や活動状況の説明が次々と行われた。この間、お互いに2年ぶりの再会を喜び合い記念写真を取り合うなど終始なごやかなひとときを過ごし、今回開催のJKT三田会麻生俊会長から次回開催地ベトナム・ハノイ三田会徳山司文会長へ大会旗が大きな拍手の中で引き継がれた。
>  最後に「若き血」を、応援指導部出身の地元三田会の複数の会員によるエールのもと全員肩を組んで合唱!2年後のベトナムでの再会を約して22時頃に散会した。
> 国内外研修における神奈川通信三田会の方針は次の3つ。
> 「安全第一」「仲良く楽しく」「今後への継続」である。3つめの「継続」はなかなか実行困難な課題ではあるが、今後もこの3つの方針を守りつつ、国内外への研修旅行を「安全第一」に「仲良く楽しく」「継続」してまいりたいと考えています。
>   これまで、企画・立案・準備・実施までの10数か月にわたり、役員・顧問・会員の皆さまの長い間のご支援ご協力ありがとうございました。
>
>    結びとして、今回の海外交流会実現にはジャカルタ三田会会長の麻生俊様はじめ多くの役員会員の皆さま、側面からご支援を頂きました塾員センター部長の蠣崎元章様はじめ関係の皆さま、今回の企画に賛同してご参加くださいました全国各地域三田会の皆さま、さらには全行程を一緒に気持ちよくご参加くださいました5名のゲストの皆さま方に厚くお礼申し上げます。
>
>                                                                                                                                                                                                           以上
>                                                    (2014.11.29 文責:企画部長 大山 勝治)
 

Re: 海外研修旅行「ジャカルタ三田会との研修交流会」実施報告

 投稿者:大山勝治 oyamajuku@nifty.com  投稿日:2014年12月 5日(金)21時17分19秒
返信・引用
  大山勝治 oyamajuku@nifty.comさんへのお返事です。

>   海外研修旅行(ジャカルタ三田会との交流会実施)から全員が無事に帰ってまいりました。その報告を以下にさせて頂きます。
> 写真も後程掲載致しますのでご覧下さい。
>
>                                                        -海外研修旅行「ジャカルタ三田会との研修交流会」実施報告-
>                                                  神奈川通信三田会・ジャカルタ三田会との交流会を成功裏に実現して無事帰国
>                                                 -池井優名誉教授によるミニ講演会、第4回東南アジア連合三田会総会&パーティ、
>                                                         ショッピング、ジャカルタ観光ツアー4泊5日間の海外研修旅行-
>
>                                                                                                                                                                                 2014年11月29日
>                                                                                                                                                                              会  長 吉浜 健二
>                                                                                                                                                                               企画部長 大山 勝治
> 期 間:2014年11月21日(金)~25日(火)
> 旅行先:インドネシアのジャカルタ
> 目 的:ジャカルタ三田会との研修交流会・第4回東南アジア連合三田会総会参加
> 参加者:24名(ゲスト参加5名を含む)
>
>   神奈川通信三田会は、11月21日(金)~25日(火)、第4回東南アジア連合三田会との交流会を中心に、国立博物館、イスティクラルモスク、独立記念塔の見学、代表的インドネシアのランチ体験、ボゴール植物園見学、最後にタマンミニ見学など、5日間の海外研修旅行に、通信三田会メンバー19名+ゲスト5名の計24名が参加、25日(火)には全員が元気で安全安心な旅を全うして、羽田国際空港へ無事に帰国した。
>
>  11月21日(金)の早朝、羽田空港3階国際線ロビーに当会メンバーはもちろん、長崎、岡山、徳島、群馬、埼玉など、各地域からの参加予定者20名全員が集合した。そして、同日夕刻にはジャカルタ空港へ到着、迎えのチャーターバスにて、時間の関係で
> 宿泊予定のマンダリン・オリエンタル・ホテル(MOH)へは荷物のみ搬送。ジャカルタ(JKT)三田会との研修交流会会場にそのまま直行。地元JKT三田会の麻生俊会長ご夫妻はじめ沢山の役員会員の温かな出迎えを受けて、塾・矢上研究支援センターの栗生賢一郎事務長、バンコックならびにマニラ三田会などから数名の塾員も前夜祭に合流。JKT三田会との交流が旅の疲れを忘れさせるほど楽しい雰囲気のもとに行われた。
>
>  翌22日(土)午前から午後にかけては、観光バスによる市内観光(国立博物館、イスティクラルモスク、独立記念塔の見学、代表的インドネシアのランチ体験、スラバヤ(骨董品)通り散策など)、23日(日)はジャカルタ近郊の観光バスツアー(ボゴール植物園見学・他)、24日(月)の最終日は、再び市内観光(タマンミニ見学 など)と巨大ショッピングセンター見学などを体験した。
>
>   特に、22日(土)は、ジャカルタ半日観光を終えて午後4時頃から約1時間、慶應義塾大学池井優名誉教授による特別ミニ講演会『慶應義塾応援歌物語~若き血・丘の上・慶應讃歌、・・~』に全員が参加。池井優先生の人を惹きつけて離さない豊富な見識と知識+巧みな話術等により、MOH3階会場のThe Grand Ball Room は、沢山の笑顔に包まれ、軽やかな楽しい慶應ムード一色の花が咲いた。
>
>   そして、18時過ぎからは「第4回東南アジア連合三田会総会・懇親会」が開式。15箇所の東南アジアや日本など各地域三田会から総勢212名が参加。私たち神奈川通信三田会グループも広い会場内22か所に配置された各テーブルにそれぞれ分かれて着席。各テーブルではそれぞれ各地域三田会の方々との話しに花が咲き、お互いに自己紹介をするなど一層の交流を深めていた。
>
>   総会は主催者のジャカルタ三田会麻生俊会長のご挨拶・謝辞で開会。来賓挨拶として、この総会に塾長代行としてご参加の増野匤彦常任理事ならびに塩尻孝二郎元駐インドネシア特命全権大使が祝辞、鈴木保雄前バンコック三田会副会長の発声で乾杯。JKTで有名なプロによ
るポピュラー音楽演奏が会場の雰囲気を側面から盛り上げていた。
>
>   しばらく懇談のあと、恒例の参加各地域三田会から参加者の紹介や活動状況の説明が次々と行われた。この間、お互いに2年ぶりの再会を喜び合い記念写真を取り合うなど終始なごやかなひとときを過ごし、今回開催のJKT三田会麻生俊会長から次回開催地ベトナム・ハノイ三田会徳山司文会長へ大会旗が大きな拍手の中で引き継がれた。
>  最後に「若き血」を、応援指導部出身の地元三田会の複数の会員によるエールのもと全員肩を組んで合唱!2年後のベトナムでの再会を約して22時頃に散会した。
> 国内外研修における神奈川通信三田会の方針は次の3つ。
> 「安全第一」「仲良く楽しく」「今後への継続」である。3つめの「継続」はなかなか実行困難な課題ではあるが、今後もこの3つの方針を守りつつ、国内外への研修旅行を「安全第一」に「仲良く楽しく」「継続」してまいりたいと考えています。
>   これまで、企画・立案・準備・実施までの10数か月にわたり、役員・顧問・会員の皆さまの長い間のご支援ご協力ありがとうございました。
>
>    結びとして、今回の海外交流会実現にはジャカルタ三田会会長の麻生俊様はじめ多くの役員会員の皆さま、側面からご支援を頂きました塾員センター部長の蠣崎元章様はじめ関係の皆さま、今回の企画に賛同してご参加くださいました全国各地域三田会の皆さま、さらには全行程を一緒に気持ちよくご参加くださいました5名のゲストの皆さま方に厚くお礼申し上げます。
>
>                                                                                                                                                                                                           以上
>                                                    (2014.11.29 文責:企画部長 大山 勝治)
 

海外研修旅行

 投稿者:大山勝治 oyamajuku@nifty.com  投稿日:2014年12月 2日(火)22時31分25秒
返信・引用
  ジャカルタにて  

海外研修旅行「ジャカルタ三田会との研修交流会」実施報告

 投稿者:大山勝治 oyamajuku@nifty.com  投稿日:2014年12月 1日(月)05時53分14秒
返信・引用
    海外研修旅行(ジャカルタ三田会との交流会実施)から全員が無事に帰ってまいりました。その報告を以下にさせて頂きます。
写真も後程掲載致しますのでご覧下さい。
 
                                                       -海外研修旅行「ジャカルタ三田会との研修交流会」実施報告-
                                                 神奈川通信三田会・ジャカルタ三田会との交流会を成功裏に実現して無事帰国
                                                -池井優名誉教授によるミニ講演会、第4回東南アジア連合三田会総会&パーティ、
                                                        ショッピング、ジャカルタ観光ツアー4泊5日間の海外研修旅行-

                                                                                                                                                                                2014年11月29日
                                                                                                                                                                             会  長 吉浜 健二
                                                                                                                                                                              企画部長 大山 勝治
期 間:2014年11月21日(金)~25日(火)
旅行先:インドネシアのジャカルタ
目 的:ジャカルタ三田会との研修交流会・第4回東南アジア連合三田会総会参加
参加者:24名(ゲスト参加5名を含む)
 
  神奈川通信三田会は、11月21日(金)~25日(火)、第4回東南アジア連合三田会との交流会を中心に、国立博物館、イスティクラルモスク、独立記念塔の見学、代表的インドネシアのランチ体験、ボゴール植物園見学、最後にタマンミニ見学など、5日間の海外研修旅行に、通信三田会メンバー19名+ゲスト5名の計24名が参加、25日(火)には全員が元気で安全安心な旅を全うして、羽田国際空港へ無事に帰国した。
 
 11月21日(金)の早朝、羽田空港3階国際線ロビーに当会メンバーはもちろん、長崎、岡山、徳島、群馬、埼玉など、各地域からの参加予定者20名全員が集合した。そして、同日夕刻にはジャカルタ空港へ到着、迎えのチャーターバスにて、時間の関係で
宿泊予定のマンダリン・オリエンタル・ホテル(MOH)へは荷物のみ搬送。ジャカルタ(JKT)三田会との研修交流会会場にそのまま直行。地元JKT三田会の麻生俊会長ご夫妻はじめ沢山の役員会員の温かな出迎えを受けて、塾・矢上研究支援センターの栗生賢一郎事務長、バンコックならびにマニラ三田会などから数名の塾員も前夜祭に合流。JKT三田会との交流が旅の疲れを忘れさせるほど楽しい雰囲気のもとに行われた。

  翌22日(土)午前から午後にかけては、観光バスによる市内観光(国立博物館、イスティクラルモスク、独立記念塔の見学、代表的インドネシアのランチ体験、スラバヤ(骨董品)通り散策など)、23日(日)はジャカルタ近郊の観光バスツアー(ボゴール植物園見学・他)、24日(月)の最終日は、再び市内観光(タマンミニ見学 など)と巨大ショッピングセンター見学などを体験した。 
 
  特に、22日(土)は、ジャカルタ半日観光を終えて午後4時頃から約1時間、慶應義塾大学池井優名誉教授による特別ミニ講演会『慶應義塾応援歌物語~若き血・丘の上・慶應讃歌、・・~』に全員が参加。池井優先生の人を惹きつけて離さない豊富な見識と知識+巧みな話術等により、MOH3階会場のThe Grand Ball Room は、沢山の笑顔に包まれ、軽やかな楽しい慶應ムード一色の花が咲いた。

  そして、18時過ぎからは「第4回東南アジア連合三田会総会・懇親会」が開式。15箇所の東南アジアや日本など各地域三田会から総勢212名が参加。私たち神奈川通信三田会グループも広い会場内22か所に配置された各テーブルにそれぞれ分かれて着席。各テーブルではそれぞれ各地域三田会の方々との話しに花が咲き、お互いに自己紹介をするなど一層の交流を深めていた。

  総会は主催者のジャカルタ三田会麻生俊会長のご挨拶・謝辞で開会。来賓挨拶として、この総会に塾長代行としてご参加の増野匤彦常任理事ならびに塩尻孝二郎元駐インドネシア特命全権大使が祝辞、鈴木保雄前バンコック三田会副会長の発声で乾杯。地元在住の塾員自身による楽器演奏が会場の雰囲気を側面から盛り上げていた。

  しばらく懇談のあと、恒例の参加各地域三田会から参加者の紹介や活動状況の説明が次々と行われた。この間、お互いに2年ぶりの再会を喜び合い記念写真を取り合うなど終始なごやかなひとときを過ごし、今回開催のJKT三田会麻生俊会長から次回開催地ベトナム・ハノイ三田会徳山司文会長へ大会旗が大きな拍手の中で引き継がれた。
 最後に「若き血」を、応援指導部出身の地元三田会の複数の会員によるエールのもと全員肩を組んで合唱!2年後のベトナムでの再会を約して22時頃に散会した。 
  国内外研修における神奈川通信三田会の方針は次の3つ。
「安全第一」「仲良く楽しく」「今後への継続」である。3つめの「継続」はなかなか実行困難な課題ではあるが、今後もこの3つの方針を守りつつ、国内外への研修旅行を「安全第一」に「仲良く楽しく」「継続」してまいりたいと考えています。
  これまで、企画・立案・準備・実施までの10数か月にわたり、役員・顧問・会員の皆さまの長い間のご支援ご協力ありがとうございました。

   結びとして、今回の海外交流会実現にはジャカルタ三田会会長の麻生俊様はじめ多くの役員会員の皆さま、側面からご支援を頂きました塾員センター部長の蠣崎元章様はじめ関係の皆さま、今回の企画に賛同してご参加くださいました全国各地域三田会の皆さま、さらには全行程を一緒に気持ちよくご参加くださいました5名のゲストの皆さま方に厚くお礼申し上げます。

                                                                                                                                                                                                          以上
                                                   (2014.11.29 文責:企画部長 大山 勝治)
 

平成26年度忘年会のお知らせ

 投稿者:大山勝治 oyamajuku@nifty.com  投稿日:2014年12月 1日(月)05時01分13秒
返信・引用
                            平成26年度忘年会のお知らせ
                                                         平成26年11月29日
                                                         会  長 吉浜健二
                                                         企画部長 大山勝治

 前略 皆さまには益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、すでに会報等でお知らせいたしておりますが、平成26年度忘年会を下記の通り開催いたします。

 皆さまには年末のご多忙の折、誠に恐縮ですが、本年の結びの行事に、是非ご参加くださいますよう、
ご案内申し上げます。
なお、すでにハガキ等にて、忘年会 参加・不参加のご連絡をされている方は、ご放念下さい。
                                                                      敬具

                                    記

1 日時:平成26年12月13日(土)14時から17時ころ。
2 会場:慶應義塾日吉キャンパス 来往舎B1「ファカルテイラウンジ」
3 会費:5000円
4 ご返事:ご参加される方は、ktm@freeml.com 企画部長 大山勝治あてに
       12月08日(月)までにご連絡下さい。

                                                                      以上

                                  (2014年11月29日  文責 企画部長 大山 勝治)


 

平成26年度総会・記念講演会が盛会裡に実施

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2014年11月20日(木)19時54分11秒
返信・引用
            平成26年度総会・記念講演会が盛会裡に実施
                           2014年11月20日
                           慶應義塾神奈川通信三田会
                            会  長 吉浜 健二
                                                        総務部長 辻  昭彦

 神奈川通信三田会の平成26年度総会・記念講演会が、11月15日(土)13時か
ら日吉第6校舎1階J611教室において開催された。当日は11時半頃から看板掲
示・受付準備等が始まり、総会・記念講演会ならびに懇親会などがすべて円滑に実施さ
れた。
 総会においては、提案された案件はすべて承認され閉会。10月初旬の予備役員会か
ら総会までの準備作業・会報の発行・発送作業など、会員の皆さまにはそれぞれお忙し
い事情の中で、総会成功に向けてご尽力をいただきありがとうございました!
 総会に引き続き、14時40分過ぎからご来賓と総会参加者全員で、日没を避け明
るいうちにと、記念写真の撮影を実施。
 15時からの記念講演会では慶應義塾大学法学部の河野武司教授をお招きし、衆院の
解散と総選挙が予定されている中で時宜を得た内容の「日本の選挙制度の問題点」とい
う演題でご講演をいただいた。
 メディアで報道されている解散は、憲法<第7条>「天皇の国事行為」の一つであ
り、実際には内閣総理大臣が決定権を持つものである。このため、政権の都合の良い時
に解散できる。選挙における各党の議席数は、その時の選挙制度によって大きな影響を
受ける。
 日本の選挙制度は、現在衆議院では「小選挙区比例代表並立制」を採用している。
選挙の争点に関してメディアは「議題設定機能」を持っているが、争点がはっきりしな
い場合は、「無党派層」の投票率が低くなる傾向があり、政権与党が有利になることが
多い。
 小選挙区制の最大の特徴は、2005年の「郵政民営化選挙」や、2009年の
「政権交代選挙」、2012年の選挙で見られたように、選挙時の「風」や争点によって
議席が大きくスィングして、政権交代が起きやすくなることである。これは、当選した
小選挙区の合計獲得投票数よりも多い比率の議席数が獲得でき、いわゆる「死に票」が
多くなるという問題も抱えている。また「重複立候補制度」があるが、これに関しては、
「小選挙区で落選した議員を救済する制度」なのか、それとも「死に票を救済する制度」
なのかという議論があるが、比例での復活当選は、民意である「死に票をなくする制
度」と考えた方が良い。
 議員定数の削減より、議員にかかる経費を削減する方が良い。
 OECD諸国で二院制を採用している国の下院議員(日本では衆議院)一人あたりの
人口を見てみると、19カ国の平均は14万人(337議員)であり、日本の26.5
万人(475議員)はこれと比較しても多いことが分かる。アメリカは72.9万人
(下院議員435人)である。また議員数が多いと多くの民意を実現できる可能性がある。
 中選挙区制度に戻す案が議論されているが、最大の問題は政権交代が起こりにくいこと
である。
 一票の格差を解消したうえで、現状の「小選挙区比例代表並立制」の存続が望ましい
のではないか。

 河野教授は私たちが日頃から身近に感じている日本の選挙制度にまつわる諸問題を分
かりやすく説明され、参加者一同は非常大きな関心をもち熱心に聞き入った。テーマも
大変興味深い時宜を得た講演内容であった。また質疑応答では多くの質問に対して、わ
かりやすく丁寧にお答えいただいた。

 記念講演会に続き、慶應義塾塾員センター蠣崎元章部長から、「慶應義塾の現況」
についてご講演をいただいた。文部科学省より、慶應義塾大学が「スーパーグローバル
大学創成支援」事業のタイプA(トップ型)に採択されたことが発表された。タイプA
に選ばれた大学は13校あるが、旧帝大を中心とした国立大学が11校と私立は慶應義
塾大学と早稲田大学だけ。
 衆議院で塾員が占める割合は約11%であり、自民党議員では約16%となっている。

 17時15分からは、日吉学生食堂2F「グリーンマルシェ」において懇親会を実
施。司会は高橋光男さんが担当。吉浜会長から、ご来賓、出席者への謝意とともに、
辻総務部長はじめ総会開催を準備された役員たちのご尽力にねぎらいの挨拶があった。
引き続き、記念講演をしていただいた河野武司先生、塾員センターの蠣崎元章部長、
藤沢三田会の河相董(ただす)副会長、同冨永千鶴子広報委員長、全国通信三田会の
堀田健会計監査、愛知通信三田会の伏屋重晴相談役などがご来賓として紹介されご挨拶
をいただいた。
 河野紘一顧問の乾杯のご発声の後、懇親会参加者一同は、なごやかに歓談のひと時を
過ごすことができた。

 総会・記念講演会・懇親会には多くの塾員の方々にご参加いただいた。皆さま方のご
協に対し、改めて厚くお礼申しあげます。

                     以上  (文責 総務部長 辻 昭彦)
**************************************
    神奈川通信三田会 総会・記念講演会等の実施概要(参考)

                            2014年11月20日
                               神奈川通信三田会
1.日 時:2013年11月15日(土)13:00~19:00
2.場 所:日吉・第6校舎「J611教室」
3.参 加:48名
4.主なスケジュール
  ・13:00~14:30 総会、
  ・14:45~15:00 記念撮影
  ・15:00~16:40 記念講演
             ・講 師:慶應義塾大学法学部河野武司教授
            ・演 題:「日本の選挙制度の諸問題」
  ・15:40~17:00 塾の近況:塾員センター部長 蠣崎元章様
   ・17:15~19:00 懇親会(参加34名)
             ・於:学生食堂2F「グリーンズマルシェ」
                                以 上
           (2014年11月20日 文責:総務部長 辻 昭彦)
**************************************

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

2014年度夏期スクーリング出席者の状況(通信教育課程)

 投稿者:塾員部長 宮坂きよ子  投稿日:2014年11月 7日(金)07時26分24秒
返信・引用
  役員・顧問・会員のみなさん

                               2014年11月07日
                              塾員部長 宮坂きよ子

このほど、通信教育部から、標記2014年度夏期スクーリング出席者数が、
公表されました。

多くの塾生がこの夏もスクーリングに卒業を目指して出席し勉強して
いました。
出席者 2965名(うち男性1395名、女性1570名)でした。
年齢別では、生涯学習を目指し50歳以上が1047名(35%!)が
頑張っています。

神奈川県内からは、男性251名、女性296名、合計547名の後輩たち
が、8月6日から25日まで、日吉と三田キャンパスでがんばっていました。


2014年度夏期スクーリング出席者の状況(通信教育課程)

 学部別        男     女     合計

  文学部     467名   930名 1431名
  経済学部     490     286      776
  法学部      411    284     695
   (合計)   1368    1534    2902

  教職課程     27         36    63
  <総合計>   1395名   1570名  2965名



年齢別         男女計

  30歳未満      593名
  50歳未満     1325

  65歳未満      814
  65歳以上      233

    合計     2965

都道府県別
  北海道  51、
  青森   12、  岩手    8、  宮城    36、  秋田     3、
  山形   11、  福島   20、
  茨城   58、 栃木  23、 群馬   33、
  埼玉 191、 千葉 204、 東京 1019、 神奈川 547、
  新潟  28、 富山   15、 石川   11、 福井   11、
  山梨  15、 長野  29、 岐阜   14、 静岡   51、
  愛知 104、 三重  12、 滋賀   15、 京都   28、
  大阪 106、 兵庫  63、 奈良   12、 和歌山   3、
  鳥取   7、 島根   3、 岡山   20、 広島   23、 山口 11、
  徳島   6、 香川   6、 愛媛    7、 高知    4、
  福岡  66、 佐賀   4、 長崎   11、 熊本   17、 大分 13、
  宮崎   4、 鹿児島  6、
  沖縄   4、
  海外  25

  合計   2965

  以上
   出所 :ニューズレター 慶應通信 2014 秋季特別号
       (文責: 全国通信三田会渉外部長 阿部光江)

 

早慶交流会の御案内

 投稿者:柴田 章弘  投稿日:2014年10月10日(金)23時22分54秒
返信・引用
  早慶第一戦の後、早稲田通信稲門会の皆さんと交流会を行います。ふるってご参加下さい。

2014年11月1日(土)午後5時~7時

会費:4000円ぐらい

銀座ライオン7丁目店 2階

http://www.hotpepper.jp/strJ000765139/map/?vos=evpahpp6002x3024646

神奈川通信三田会
渉外:早慶交流会担当
柴田 章弘
aaf10840@eos.ocn.ne.jp
 

 平成26年度「話題提供」盛会理に実施

 投稿者:辻 昭彦  投稿日:2014年 9月18日(木)21時06分55秒
返信・引用
         平成26年度「話題提供」盛会理に実施

  平成26年度の「話題提供」は、9月10日(水)18:30から、
 かながわ県民センターにおいて、21名参加のもと盛会理に実施され
 た。
 講師の田中弘孝さんは、慶應義塾大学在学中に横浜元町に「(株)
 CHARMY」を創業し経営。その傍ら、永年にわたり鎌倉の歴史を独自の
 視点から調査研究され、『夕照・北条政子』『北条泰家』などの大作
 をとりまとめ出版。
  塾員・経営者・歴史研究家などの多様な視点から、「滅亡の法則」と
 いう興味深い演題を約1時間にわたり講演された。

               ー記ー
1.日  時:平成26年09月10日(水)18:30~20:00
2.場  所:かながわ県民センター404会議室
3.参加者:21名
  赤岡充雄、稲生弘子、大川成一、大山勝治、木村和道、河野紘一、
  佐伯好也、櫻井芳寛、東海林 修、高橋伸和、高橋光男、高橋 豊、
  長谷川英明、広田玲子、堀田 健、中澤卓司、宮坂きよ子、山川泰代、
  山口則子、吉浜健二、辻 昭彦(記)
4.話題提供:・講 演:田中弘孝さん(41経)
       ・演 題:「滅亡の法則」
5.講演の概要
   歴史を背景とした小説には、「歴史小説」と「時代小説」がある。
  両者は似ているようであるが大きな相違がある。
   「歴史小説」はまず史実を基礎とし、それが残ってない部分はその
  回りを調べて類推するのである。
   しかし「時代小説」の登場人物には、現在の人物が出て来て、風景
  とかバックだけを江戸期や戦国時代にしている。
  鎌倉時代の人間は現在の人には理解できないほど野蛮で今日一日を
  生き延びることに必死だった。「歴史小説」は運命や人生を書く。

   活字が衰えテレビという映像が栄えて、歴史小説が「テレビ放送化」
  されるときには、視聴者の興味を引きとどめるために、史実にはない
  女性や人物を登場させることになる。よって「時代小説」となってし
  まう。
   たとえばNHKの大河ドラマに見られるように、鎌倉時代の政治権力
  は、まず源氏の政権が3代続き、次の北条は9代(執権は16代)続い
  た。しかし、権力の構造は、将軍→執権→得宗(とくそう)→内管領
  (うちかんれい)へと実権が移動している。

   「滅亡の法則」には四つのタイプがある。一番目は、「人まかせ。
  役割を果たさず金を使って楽しむ。」というタイプであり、源実朝、
  北条高時が例である。二番目は、「自分の実力を過信する。奢り、
  怠け。」のタイプであり、源頼家、武田勝頼がこれに属する。三番目
  は、「自分の分身を作れず、チェックできない。」タイプであり、
  織田信長がこれに属する。四番目は「名誉欲が強すぎる。人心を掌握
  できない。」タイプであり、義盛がこのタイプである。
    (文責:副会長・総務部長 辻 昭彦)
   なお写真はすべて東海林修様から提供頂きました。

http://zenkoku2mitakai.pro.tok2.com/kanagawa/sbd2012/P1060567-1.jpg

 

レンタル掲示板
/5