teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


菩薩行

 投稿者:覚祥  投稿日:2019年 6月26日(水)15時50分5秒
  本日護摩行無事に奉修しました。
その時のお話を
今月は、本山行事のため忙しく動きまわりました。
2日は、鹿島純真さんの「得度式」、4日は、古賀明照さんの「護摩加行」満願、「お礼護摩行」
と大変有意義な日々でした。
特に護摩加行は、修行のなかでも、最も過酷な修行と言われており、本当によく満行したと感心しております。
この行は、菩薩行の一つでもあります。
菩薩とは、「菩提薩埵(ぼだいさった)菩提とは悟りを求める、薩埵とは人々」で、この行で、どのような悟りを得たか、そして今後どのように日々人々を導き、度力していくのか楽しみではあります。


 
 

常に謙虚

 投稿者:覚祥  投稿日:2019年 4月28日(日)09時36分33秒
  高齢者の事故が毎日のように放映されています。
何なのでしょう
私も72歳の高齢者になりました。 で先月高齢者講習を受講して参りました。
結果は「完璧」の評価を頂きました。
しかし、私自身は、運転は怖いです。
アンケートには「運転は自信ありません」と回答しました。
なぜなら、駐車するとき、どうしてもまっすぐにならず、少し斜めになるからです。
若いときは、こんなことありませんでした。少しずつ感覚がずれてきているのだろうと思います。
事故を起こしたかたも、多分このような「ずれ」を感じていたのでわ、
謙虚さが足りませんでしたね  このことは後日お話をしたいと思っています。

今回は、わたくしども 僧侶の 謙虚 について わたしの考えを述べたいと思います。
 ある面、寺、僧侶と信者、遺族というのは、強者と弱者の関係にあるといえるかもしれません。
 僧は、そのことを胆に銘じて日々おつとめに励むべきだと思います。
 常に謙虚 本来命というものに日々向き合あっている僧は、この言葉を心にとどめ、法事、葬儀に たずさわることが大事なのでは
 どんなに修行を積んでも、悟りをえることは難しいです。(私の場合です)
 ですから、常に謙虚に何事にも取り組むことが重要なのです。
 しかし、いつしか「うぬぼれ」「傲慢な心」が出てくるのも、人間である以上やむ得ないことかも しれません。
 ですから、日々謙虚な心で過ごして行かなければならない。
 信者さんや遺族の方々の立場たって接して行かなければならない。
と思うのです。





 

行事予定

 投稿者:覚祥  投稿日:2019年 4月17日(水)08時26分5秒
  令和元年5月からの行事予定です
 5月 8日 午後1時
        金峯山寺  管領 五条良知 大僧正 巡錫行
         読経 法話 があります 皆様のご参加をお待ちしております
         終了後記念品をお渡しします
   22日 午後2時 護摩供養
 6月26日 午後2時 護摩供養
        6月前半は本山行事のため中止します
 7月13日 午後2時 護摩供養
   24日 午後2時 護摩供養
 8月13日 午後7時 迎え火護摩供養
   14日 午後7時 盆供養
   15日 午後7時 送り火護摩供養
 9月14日 午後2時 護摩供養
   25日 午後2時 護摩供養
 10月12日 午後2時 護摩供養
    27日 午後1時 護摩供養 火渡り 佐谷山建正寺において
        
 

護摩供養火渡り

 投稿者:覚祥  投稿日:2018年10月20日(土)08時22分10秒
  10月28日 午後1時から
  佐谷山 建正寺
で 護摩供養 火渡り を行います。
ただいま、その準備で忙しいです。
 護摩供養火渡りの様子は 2016年(HMC)さんの投稿を見てください。
去年は、胆石の手術後3週間でしたので、さすがに参りました。
今年は、大丈夫 と思います?が
去年は、雨風が激しくて、11月3日に延期になりました。
今回も、その予備日は11月3日になっています。
 その時は、ここに投稿します。

  HMCさん、予定はどうですか?
  楽しみに待っています

 

行事予定

 投稿者:覚祥  投稿日:2018年10月16日(火)14時58分38秒
  八千枚大護摩 万人安楽 の 「とも祈り」 として わたくし 覚祥 は
26日午後1時 と 27日午後1時 祈祷院 において お経を唱えることにしております。
皆様も、それぞれの ご家庭のお仏壇の前で 手を 合わせて お祈りをしてください。
時間は、何時でも宜しいのです。
国家安穏 万人安楽 家内安全 身体健康 交通安全 病気平癒 諸々の願いのために
お経を唱えさせていただきます。
 

八千枚大護摩供

 投稿者:覚祥  投稿日:2018年10月16日(火)14時20分59秒
  10月26日午後1時から27日午後1時にかけて
  金峯山寺
において 八千枚大護摩供 が 五条良知 大僧正 の下 修することになっています。
 これは、24時間 水、食事、睡眠を絶ち 万人安楽 を 祈念して 護摩供養 を9回修するものです。
詳しくは、金峯山寺(きんぷせんじと読みます)で調べてください。
本当に大変な行なのです。
私もお手伝いしたいのですが、28日に 佐谷山 建正寺 において護摩、火渡り の行事が入っており、残念ながら行くことができません。
 本当に残念です。
 

行事予定

 投稿者:覚祥  投稿日:2018年10月10日(水)15時08分9秒
  11月からの行事予定です。
 11月21日 午後2時  護摩供養
         (11月3日が、佐谷山建正寺護摩の予備日のため、この1日だけです)
 12月 8日 午後2時  護摩供養
    26日 午後2時  納め護摩
          (護摩後くじ引き)
  1月 3日 午後2時  正月護摩
     4日 午後2時  正月護摩
  2月 3日 午前11時 節分祭護摩
          (護摩後くじ引き)
    10日  福知山にて大護摩供養
          (午前8時祈祷院出発)
  3月 9日 午後2時  護摩供養
    27日 午後2時  護摩供養
  4月 7日  建正寺 十一面観世音菩薩 御開帳
         (読経開始 午前11時30分の予定)
    24日 午後2時  護摩供養
以上です。
 変更があるときは、投稿します。
なを、10月13日の護摩はいつもの通り午後2時から始めます。

 10月28日の 佐谷山建正寺護摩 については 後日 投稿します。
 

ワンハンドレット

 投稿者:覚祥  投稿日:2018年 7月22日(日)10時28分48秒
  先月 大阪の有名なお寺に お弟子さん達6人で行きました。
いつもお参りするお堂での出来事です。
千円札一枚を浄財箱に入れ、お経を唱えようとしたところ、
そこにいた係りの方が、親切にも「線香とろうそくを」と言われるので
側に置いてある 線香とろうそくを手に取ったところ
なんと 「ワンハンドレット」とおっしゃいます。
えっ と 思わず 「千円入れましたよ「」と返事しますと
「それは別」「ワンハンドレット」「ワンハンドレット」
と何度も言われますので、線香とろうそくはやめて
般若心経をみんなで唱えて、お堂を出ました。
何だったのでしょう
私は日本人です。外国には一度も行ったこともありません。
外国の人に間違われたのか
うーん 判りません
しかし、外国の人と勘違いしても線香とろうそくを強制する?とは
良くないことに感じました。
もう、ここには行くことはないでしょう
残念な出来事でした。
また第三者からみると すごく滑稽に感じられた のではないかと
内心可笑しくもあります。
わたくし方では、そのようなことはありません。
 

ワンハンドレット

 投稿者:覚祥  投稿日:2018年 7月22日(日)10時28分45秒
  先月 大阪の有名なお寺に お弟子さん達6人で行きました。
いつもお参りするお堂での出来事です。
千円札一枚を浄財箱に入れ、お経を唱えようとしたところ、
そこにいた係りの方が、親切にも「線香とろうそくを」と言われるので
側に置いてある 線香とろうそくを手に取ったところ
なんと 「ワンハンドレット」とおっしゃいます。
えっ と 思わず 「千円入れましたよ「」と返事しますと
「それは別」「ワンハンドレット」「ワンハンドレット」
と何度も言われますので、線香とろうそくはやめて
般若心経をみんなで唱えて、お堂を出ました。
何だったのでしょう
私は日本人です。外国には一度も行ったこともありません。
外国の人に間違われたのか
うーん 判りません
しかし、外国の人と勘違いしても線香とろうそくを強制する?とは
良くないことに感じました。
もう、ここには行くことはないでしょう
残念な出来事でした。
また第三者からみると すごく滑稽に感じられた のではないかと
内心可笑しくもあります。
わたくし方では、そのようなことはありません。
 

信太の森

 投稿者:  投稿日:2018年 6月22日(金)10時32分10秒
  今年
  信太の森の葛の葉稲荷神社
にお参りにいきました。
ここには、20年位前から行きたいと、計画していたのですが、
いつも、駄目になっていました。
この神社は
  安倍晴明のお母さん
が祭られています。
このかたは、白狐といわれています。
安倍晴明のお父さんが、信太の森で白狐を助けたことから、その白狐が恩返しに妻となり
安倍晴明を産んだとされています。
ただ、その後 白狐であることが判り
信太の森に帰って行かれます。
その時
  恋しくは
  尋ね来てみよ
   和泉なる
  信太の森の
   うらみ
   葛の葉
という哀しくせつない母の子を思う心を唄ったのが、この詩です。
わたくし、恥ずかしいのですが、この詩を聞くと涙してしまいます。

私が子供の頃、映画になったように思います。
子供心に、涙した記憶が
だから、お参りに行きたいと常々思っていたのかもしれません。

ここは、住宅街の中のひっそりとした森にあります。
有名な、大きな、広い神社に行くのも良いですが、
このようなお話がある
小さな神社で、ゆっくりお参りするのも、たまには良いかも
また、お参りに行くつもりです。
 

レンタル掲示板
/7